スポーツ・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央 貶めることはないだろう「とくダネ!」


グランプリ(GP)ファイナルで浅田真央の優勝後、韓国から「2ちゃんねる」へのサイバー攻撃があっただとか、「浅田真央の屈辱写真」一連の悪意ある報道がなされたとか、うんざりしていたんですが。
日本でもわざわざキム・ヨナの方が上だったというような報道をなしていた輩がいたんですね・・・。

先日、韓国で開催されたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの結果を受けて過熱した「浅田真央vs.キム・ヨナ」をめぐる報道とネットでの日韓批判合戦。韓国メディアからは優勝した浅田選手に対する「悪意ある」報道がされたほか、日本でもフジテレビ系「とくダネ!」が、視聴者に「浅田選手よりもキム選手のほうが実力が上」と感じさせる報道をしたことで、大きな反発を招いている。

そうした中、12月18日に放送された「とくダネ!」で、15日に放送した特集「浅田真央逆転Vも… キム・ヨナ“実力”に差」の内容に関する訂正と謝罪が行われた。

まず、田中大貴アナが「(15日の放送では)浅田真央選手とキム・ヨナ選手の演技の得点比較をしました。番組側が行った分析では、2人がともに予定していたジャンプをすべて成功していた場合、キム・ヨナ選手が得点で上回っていた、とお伝えしました」と特集の内容を説明。続きを読む
スポンサーサイト

安藤美姫 不振の原因はコーチとの熱愛?


安藤美姫の成績不振って、残念ながらピークを越えてしまったのか・・・、と思っていたのですが。
まさかコーチとの恋愛とは思いませんでしたね。
もちろんフィギュア選手といえど恋愛は自由なんですが、安藤美姫の今まで積み上げてきたキャリアを考えると、このままではもったいない気が。

選手は ‘原石’だ。 これを ‘宝石’にするのはコーチだ。 小学校時期、金妍兒(キム・ヨナ)を教えたシン・ヘスク・コーチは「フィギュアスケートで選手とコーチの間の呼吸は絶対的なものだ。 2人の呼吸がどれほどよく合うかが大会の成績を決定する」と話す。 コーチが加えた‘熱’と‘圧力’を選手がどのように消化するかによって、結果物はダイヤモンドになるし黒鉛にもなるという話だ。

◆安藤-モロゾフ=フィギュアファンは「あの素晴らしい選手がどうしてこれほど落ちたのか」と、今シーズンの安藤美姫(日本)の不振に疑問を抱いた。 その答えは安藤を教えるニコライ・モロゾフ・コーチにあった。 安藤とモロゾフは特別な関係だ。 久しぶりにモロゾフ・コーチに会うと、安藤は走って行って迎える。

日本取材陣は「2人の愛情が良い選手を一人失わせた。 安藤は挑戦するスタイルだが、モロゾフは冒険しないスタイル。 それで安藤が高難度技術に挑戦するのを防ぐ」と惜しんだ。 取材陣は「モロゾフは自分の気分しだいで行動する子どものようだ」と付け加えた。 

安藤美姫が4回転ジャンプ、飛ぶ飛ぶって絶対飛ばないのは、モロゾフコーチのせい・・・?続きを読む

戦艦陸奥、海底の姿を3Dで公開


戦艦陸奥といえば、沈んだ原因が未だに不明というミステリーを抱えた艦ですが、その海底での姿が3Dで公開されているとのこと。近海で沈んでいますから、大和みたいにどこに沈んでいるかわからない状態ではなかったんですね。

 1943年に原因不明の爆沈を遂げた旧日本海軍の戦艦陸奥-。第6管区海上保安本部(広島市)は、広島湾内の海底約40メートルに眠る船影を測量船「くるしま」の調査でとらえた。同本部海洋情報部のホームページで、最新の三次元(3D)映像を公開している。
 同本部は4月9日、山口県岩国市の柱島南西沖約5キロで調査を実施。地形データ収集や沈没漁船捜索に活用される「マルチビーム音響測探機」を装備するくるしまを使い、海底に沈む陸奥の様子を把握することに成功した。
 横たわる陸奥の船腹は、海底から約30メートルそそり立つ。船腹の端は海面から約10メートル下にあり、他の船の航行の障害にならないよう海図にもその位置が記載されている。今回の3D映像では、船首付近やブリッジなど、長さ約120メートルにわたる残骸(ざんがい)の形が確認できる。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000016-jij-soci

花粉症対策 健康食品で意識不明!?


花粉症対策食品で一時意識不明、厚労省が因果関係調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000116-yom-soci

あくまでも医薬品ではなく、健康食品での事件ですね。命は助かったようで何より。

 厚生労働省と和歌山県は26日、花粉症対策商品として販売されているスギ花粉加工食品のカプセルを飲んだ同県内の40歳代の女性が、全身性のアレルギー反応で一時意識不明の重体になったと発表した。

 女性は2日後に意識を回復し、現在は快方に向かっているという。

 和歌山県によると、食品は山形市の「健森」が製造・販売している「パピラ」。女性は23日夜、カプセル1個を飲用して友人とテニスをしていたところ、約30分後に全身にじんましんが出て息苦しくなった。すぐに病院で受診したが、診察中に口の中が腫れて、気道が圧迫され、意識不明に陥ったという。

 和歌山県から連絡を受けた山形県は24日、食品衛生法に基づき、健森に立ち入り調査をした。

「健康食品」のほうが効く効かないにかかわらず、身体にストレスがかからなそうというイメージを持ってたんですが。
まあピンキリということで、一概にはいえないですね。
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。