鷹山公待望論 首長の理想リーダー調査にて。・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷹山公待望論 首長の理想リーダー調査にて。


首長の理想リーダー「上杉鷹山」…財政再建の願い表れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070308-00000117-yom-pol

やっぱり、世相が如実に出ますね。実際は、鷹山公も存命中は藩財政を黒に転じさせる事は出来なかったとのことですが。(何かで読み齧っただけですので)

殿様の身でありながら、自ら先頭に立って財政改革に取り組んだ事実と功績は、当時の常識ではなおさら計り知れない、大きなものがありますね。

 自治体の首長が理想とするのは上杉鷹山(ようざん)――。

 読売新聞社が全国の首長に対して行ったアンケートで、理想のリーダーを尋ねたところ、藩財政の立て直しに取り組んだ江戸時代の米沢藩主・上杉鷹山がトップに挙がった。厳しい財政事情に直面する地方の苦悩と再建への願いの表れと言えそうだ。

 全自治体(1882、2月1日現在)の首長を対象にしたアンケート(回収率91・3%)で、理想のリーダーとして人物名を挙げた899人中、鷹山と答えたのは146人。2位の徳川家康(66人)を大きく上回った。鹿児島県の西郷隆盛など郷土の歴史的人物を挙げた首長も多かったが、鷹山と回答した首長は43都道府県にわたる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。