全日空機、高知空港で胴体着陸に成功!!・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日空機、高知空港で胴体着陸に成功!!


<全日空機>前輪が下りないまま着陸 高知空港
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070313-00000029-mai-soci

とにかく結果、死人が出たような報告も今のところないようですが。問題は突然だったわけではなかったようで、この飛行機、過去にも同じようなトラブルがあったとのこと。

 13日午前8時10分に大阪空港を離陸し、高知空港に向かった全日空1603便(乗員4人、乗客56人、ボンバルディアDHC8型)が、同空港上空で前の車輪を下ろせなくなった。

同機は空港上空で数十回にわたり旋回し、車輪が下りないまま、二つある後輪だけで同10時54分に着陸した。着陸の際に機体前方から少し火花も見えたが、火災などは起きなかった。けが人がいるかどうかは今のところ不明。地元の消防車や救急車が数台が待機した。これまでにも同機を巡っては計器異常や車輪が下りないなどのトラブルが相次いでいた。

これから安全管理、叩かれるだろうなあ。
 同機は午前8時過ぎ、大阪空港を飛び立ち、同55分に高知空港に降りる予定。同空港上空で着陸を試みたが、着陸できず上空での旋回を繰り返した。空港の海上側から、やや機体が左右に揺れながら、不安定な飛行で滑走路に着陸した。着陸後、消防車が放水などをした。

 同機はプロペラ機で全長32.84メートル、全幅28.42メートル、全高8.36メートルのカナダ製。03年2月、国内では大阪―鹿児島間などで初就航。ジェットエンジンを使ってプロペラを回す「ターボフロップ機」で、速度はYS11の1.5倍の時速667キロ。機内外の騒音を従来より抑えることができるのが特徴とされていた。

 全日空によると、胴体着陸をした機体は05年6月12日に製造され、同7月18日に同社に引き渡された。今月10日現在の総飛行時間は2966時間52分で、着陸回数は4197回。同社は同型機を13機保有している。

 ◇ことば ボンバルディアDHC8型―Q400 カナダのボンバルディア社製のプロペラ機。全長32.8メートル、全幅28.4メートル、高さ8.3メートル。座席数74席。巡航速度は時速650キロ。低騒音とジェット機に匹敵するスピードが特徴。全日空は03年7月に導入した。
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。