小泉改革の格差って、ある意味健全?・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉改革の格差って、ある意味健全?


「小泉改革で中央・地方に格差」…読売首長アンケート
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070315-00000101-yom-pol

社会格差がひろがった、といわれてしばらく経ちますが個人レベルから地方自治体のレベルにいたるまで、稼ぐ者とあまり稼げない者が浮き彫りにされたってことですよね。

ある意味資本主義経済の健全な姿?片っ端から穴埋めしていこうとすると、国の借金はますますかさむわけで。いままで前借りで豊かな生活が出来ていたんだと(した覚えはないが)無理にでも解釈して耐えるしかないっすかね。

4月の統一地方選を前に、全知事、市区町村長の計1882人(2月1日現在)を対象に読売新聞社が行った「全国自治体首長アンケート」で、全体の9割が「小泉改革」によって中央と地方の格差が広がったと感じていることがわかった。

 選挙の争点となる重要政策課題では、財政再建や地域経済の活性化が上位に挙げられるなど、厳しい財政、経済事情の中、やりくりに苦悩する首長の姿が浮かび上がった。

 アンケートは、インターネットの画面で回答する方法で、1月末~2月末に1718人から回答を得た。

 統一地方選で争点になると考える重要政策課題(複数回答)で、一番多かったのは、公的介護保険や医療、少子化対策などの「福祉政策」(64・8%)だったが、「地方財政の再建」(63・7%)、「雇用・景気対策など地域経済の活性化」(57・6%)がわずかな差で続いた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。