全日空機、胴体着陸の件。ボルトが違っていた。・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日空機、胴体着陸の件。ボルトが違っていた。


全日空機胴体着陸 ボルト付け間違いか 長さ異なる同規格品
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000030-san-soci

全日空機の胴体着陸の件、一本のボルトが原因だったと発表されていましたが、これが同規格品で長さが違うって、なんのこっちゃ。長さが違えば違う規格ではないの?

 全日空のボンバルディアDHC8-Q400が高知空港に胴体着陸した事故で、前輪格納扉の内部から発見されたボルトと、脱落したとみられるボルトは長さの違う同じ規格品だったことが16日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調べで分かった。このほかに脱落したボルトは見つかっておらず、製造時に誤って長さの違うボルトをつけた疑いが浮上した。

 これまでの調査で、脱落したボルトは前輪格納扉を開閉させるアームの支点部分のものと判明。このボルトが外れたことから、摩耗を防ぐためボルトを覆っている「ブッシング」と呼ばれる部品が約1センチ飛び出し、扉の開閉操作を妨げたことが判明している。

 一方、扉の内部で見つかったボルトは、脱落したボルトとは長さが一致せず、別の部位から抜けたものとみられていたが、長さがわずかに違うものの同じ規格品であることが事故調の調べで新たに判明した。格納扉の内部からほかにボルトは見つかっていない。

 全日空によると、格納扉の内部は整備、点検の対象になっていないため、一度も整備した記録はない。事故調は、製造段階で長さがわずかに違うボルトをアームの支点にはめたため、長時間かかってボルトが抜けた可能性があるとして、ボンバルディア社からも聴き取り調査を進める方針だ。
 ■ボンバル社の副社長が謝罪

 ボンバルディア社のトッド・ヤング副社長が16日、国交省を訪れ、谷寧久・航空局技術部長と面会、「ご迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪した。谷部長は「飛行機の安全性に強い懸念を持っている」と話した。

 ヤング副社長はこの日午後に高知県に向かい、事故機を視察した後、高知県庁を訪問、橋本大二郎知事に謝罪する予定。
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。