ガルといわれても。被害が拡大しませんよう。・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルといわれても。被害が拡大しませんよう。


能登沖地震、揺れの加速度が阪神大震災上回る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000011-yom-soci

ガルとは。調べてみたのですが、やっぱりよくわかりません(汗)
ガルは地震の強さを示す目安の一つとして使われるが、あくまでも加速度だけを表現するものとのこと。これ以上の被害がどうか出ませんように。

ガル(gal, 記号:Gal)は、CGS単位系における加速度の単位である。その名前は、ガリレオ・ガリレイに因むもので、単位名をガリレオ(galileo)としている地域もある。

1ガルは、1秒(s)に1センチメートル毎秒(cm/s)の加速度の大きさと定義されている。すなわちガルは「センチメートル毎秒毎秒」(cm/s2)と書き表すことができる。国際単位系(SI)における加速度の単位はメートル毎秒毎秒(m/s2)であり、1 Gal = 0.01 m/s2 となる。

ガルは非SI単位であるが、日本の計量法では重力加速度および地震に係る振動加速度の計量に限定してガル(Gal)および1000分の1のミリガル(mGal)の使用を認めている。

 防災科学技術研究所は25日夕、能登半島沖の地震で記録された揺れの最大加速度は、午前9時42分に石川県志賀町で観測された945ガルと発表した。

 945ガルは1995年1月の阪神大震災の際、神戸海洋気象台での観測値から算出された891ガルを上回る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。