タクシー運賃、デフレとはいっても値上がりは仕方ないところ・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシー運賃、デフレとはいっても値上がりは仕方ないところ


タクシー運賃、10年ぶり値上げ…まず長野・大分から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070405-00000101-yom-bus_all

タクシーを利用しなくなってからしばらく経ちますが、値上げですか。10年ぶりだそうですが、デフレとはいいつつもガス代やら税金やら、確実にかかるところは値上がりしてますし、仕方ないでしょうね。

 国土交通省は4日、全国で相次いでいるタクシー運賃の引き上げ申請について、長野、大分両県を手始めに、順次認めていく方針を固めた。

 6日に両県で、10%前後(初乗り運賃で実質約50~70円)の値上げを認可する。タクシー運賃の値上げは、消費税率が3%から5%に引き上げられた1997年4月以来、10年ぶりとなる。

 運転手の給与水準改善や燃料費高騰に対応するため、昨年6月以降、全国90地域中、「東京23区と武蔵野・三鷹市」などを含む49地域のタクシー会社から値上げの申請が出されている。このうち41地域で審査が始まっており、今後、順次認可が下りる見通し。

 長野、大分両県で認める10%前後が他地域でも目安になると見られている。両県ではメーターの取り換えなどを行い、認可後1か月ほどで値上げが実施される見通しだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。