ローマ病院 新設赤ちゃんポストにはじめての男児・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ病院 新設赤ちゃんポストにはじめての男児


赤ちゃんポスト>昨年末新設、男児を初保護 ローマの病院
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000027-mai-int

だいたい、赤ちゃんポストって名前で誰も反対しなかったのか?センスなさすぎ。ハローワークのときもかなりの違和感があったが、結局慣れてしまうんだろうか。

ローマ東郊の総合病院が昨年12月に新設した「赤ちゃんポスト」に24日、男児が預けられ、1人目として保護された。26日付イタリア各紙が報じた。

 男児は生後3~4カ月のイタリア人とみられ、24日夜、病院に隣接するプレハブ棟のベッドに置かれた。センサー式の警報が鳴ったため、医師らが駆け付けて保護した。

 同病院では育児が困難な若い母親を助け、赤ちゃんを受け入れようと、実験的に「ポスト」を設置。入り口には「捨てないで。私たちに預けて」と記されている。

 イタリアでは12世紀末から19世紀にかけて教会などが捨てられた赤ちゃんを預かる制度があった。現在、赤ちゃんがゴミ箱などに捨てられる事件が時折起き、社会問題となっている。ANS通信によると、同国では最近、少なくとも8カ所で「赤ちゃんポストが設置されたという。
 同病院は男児を「ステファノ」と名付け、養子に出すことを検討している。医師はイタリア紙に「もし母親が赤ちゃんを取り戻したいのなら、経済的、心理的に支援したい」と話している。
 トゥルコ保健相とビンディ家族問題相は今回の保護を「見習うべき成功例」と評価、産婦人科のある全国の病院で「ポスト」を導入すべきだと提案している。

子供の命が守られるか、育児放棄助長をうながすものになるか。世の中が便利になればなるほど、個人のモラルが問われていく。
赤ちゃんポストに賛成も反対も、この施設の必要性が生じた背景をまず考えるべき。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。