中村獅童の後悔とは コラムの真意・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村獅童の後悔とは コラムの真意


獅童がコラムに「後悔先に立たず…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000010-nks-ent

中村獅童、竹内結子との離婚問題では現在も1歳の長男の親権をめぐって代理人同士の話し合いが続いているようです。本人同士は好きなように今後を決めるでしょうが、子供にとってベストな選択になりますように。

 女優竹内結子(27)と離婚協議中の歌舞伎俳優中村獅童(34)が現在の心境を書いたコラムが、日本劇作家協会会報「ト書き」最新号に掲載されている。

 「好きな台詞(せりふ) 中村獅童の-」で、「昨年から続く誰を恨むこともできない我が身の不幸をつくづく思うと、後悔先に立たずに反省しきりの日々が続く」と述懐。「掛け替えのないもの全てを失ったいま、生まれ変わりたいのはこの私自身」とし「いまさらではあるが、謝っても許されないことがあるということ。独りでいても、2人でいても、孤独に変わりがないと知った」とつづっている。
 ちなみに獅童が取り上げたセリフは、今年1月に演じた「大物浦」の「生きかわり、死にかわり、恨み払さでおくべきかぁ」で、獅童は「『いとしい者との別離、言葉にならない思いの全てを知盛のせりふに…』、と魂を込めて演じさせて頂いた」。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。