明らかに不自然だろう、北朝鮮工作員の動向・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明らかに不自然だろう、北朝鮮工作員の動向


工作員の夫に振り回された家族…渡辺さんの親友証言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000101-yom-soci

明らかに動向が不自然だったのですね。当時は北朝鮮工作員の存在というのはタブーだったのでしょうか?公安や警察がその動向を全く掴んでいなかったというのは考えづらいのですが・・・。それとも今だからいえる事なのでしょうか。

 1973年に行方不明になった埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)の渡辺秀子さん(当時32歳)の2人の子供が拉致されたとされる事件で、渡辺さんと親しかった北海道帯広市在住の女性(65)が読売新聞の取材に応じ、北朝鮮工作員だった渡辺さんの夫の動向や一家の様子などを語った。

 その証言からは、国内で暗躍する工作員に振り回された家族の悲しい姿が浮かび上がってくる。

 女性は、渡辺さんが通っていた帯広市内の高校の同級生。渡辺さんの結婚後の68年ごろに付き合いが復活し、毎年夏に帰省する度に会うようになった。

 夫は実家に妻と長女・敬美(きよみ)ちゃん(拉致当時6歳)、長男・剛(つよし)ちゃん(同3歳)を送ると、自分は泊まらず、1人でホテルなどに宿泊し、翌日東京に帰ったため、女性が夫に会ったのは1度だけ。背が高く無口で、高価な眼鏡をかけていたのが印象的だったという。
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。