拉致女に今日、逮捕状 北朝鮮は引き渡すのか・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致女に今日、逮捕状 北朝鮮は引き渡すのか


もう30年以上も前の事件だというのに、調べればここまで分かるものなのですね。小泉首相以前にはこれが全くなかったことになっていたのですから、空恐ろしいです。ましてや旧社会党のように拉致を積極的にかばをうとする政党まであったんですから。よく考えたら、その議員たち、未だに公務についている者も・・・。

 渡辺秀子さん=失跡当時(32)=の子供2人の拉致事件は25日、警視庁公安部など捜査本部による関係先の強制捜査で大きく動き出した。33年前の拉致を指揮した女は、現在、北朝鮮で生存しているとされる犯行グループのリーダーだった女工作員(59)。捜査本部は26日、国外移送目的略取容疑で逮捕状を請求する。事件当時、26歳の若さながら「私は朝鮮労働党の機関の幹部だ」と、拉致を配下の工作員に命じた。一方で本国の指令に背き、渡辺秀子さん殺害を独断で決定。「遺体は橋の上から投げ捨てた」と周囲に平然と語る非情な女だったという。

 女工作員は北の秘密工作組織で貿易会社を装っていた「ユニバース・トレイディング」(東京都品川区、解散)の木下陽子元取締役。在日朝鮮人で都内の私立大を中退。25日に捜索された朝鮮総連の学生団体「在日本朝鮮留学生同盟」への出入りが、ユニ社参加のきっかけになったとされる。

 2児拉致の実行犯の一人で、日本国籍を有していた在日朝鮮人の男(60)と結婚、自らも日本国籍を取得した。昭和54年に出国し、現在は平壌で朝鮮名の本名「洪寿恵」で生存しているとされる。

 元取締役はユニ社の実質的責任者で渡辺さんの夫の在日朝鮮人「高大基」が北に召還された昭和48年6月以降、リーダーに就いた。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000021-san-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。