大関栃東が脳梗塞 引退へ・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大関栃東が脳梗塞 引退へ


栃東が突然に引退を表明しました。体調が悪かったようですが、原因はなんと脳梗塞。これから療養も必要なのかもしれませんが、いきなり入院とか、大事になる前に発見できたのは不幸中の幸いでした。

 大相撲の大関栃東(30)=本名志賀太祐、東京都出身、玉ノ井部屋=が7日、引退を表明した。過去に脳梗塞(こうそく)を起こした跡が見つかるなど体調に不安が生じ、父で師匠の玉ノ井親方(元関脇栃東)らと相談。現役続行を断念した。優勝3回。大関在位は3月の春場所で通算30場所だった。
 栃東は東京都内の同部屋で師匠とともに記者会見。春場所を高血圧のため途中休場した後の経緯などを説明し、「(体調の不安で)気力がなくなった。やりたい気持ちもあったが、2、3日前に決断した」などと語った。幕内力士が体力の衰え以外の理由で引退するのは異例だが、「悔いはない」という。
 大関はしこ名のまま3年間相撲協会に残れるため、当面は栃東親方として後進を指導。2年後の師匠の定年を待って玉ノ井部屋を継ぐ見通し。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000044-jij-spo
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。