辰吉丈一郎の現役のファイターにこだわる姿勢には・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辰吉丈一郎の現役のファイターにこだわる姿勢には


辰吉丈一郎はあくまで現役のファイターにこだわる、ということでしょうか。正直ボクシングについてはあまり詳しくはないんですが、この辰吉丈一郎の根性には本当に頭が下がります。練習だって、試合だって、痛いし辛いだろうになあ。辰吉丈一郎が食っていくだけなら、タレントでも評論家でも、いくらでも道はあるでしょうに。

 世界ボクシング評議会(WBC)元バンタム級王者の辰吉丈一郎(大阪帝拳)が14日、関西空港着の航空機でトレーニングを行っていたタイから帰国した。
 4月20日に日本を離れてから1カ月弱。スパーリングなどで実戦感覚を取り戻すのを目的としていたが、「世界ランカークラスを相手に80ラウンドのスパーリングができたのが良かった」と成果を口にした。今後は所属ジムで練習を続けながら復帰の可能性を探ることにしている。
 日本ボクシングコミッション(JBC)では、満37歳で特例を除き引退選手扱いとなる。15日に37歳を迎える辰吉は「(年齢で)止められる理由が分からない」と現役にこだわることを改めて表明。辰吉は2003年を最後にライセンスの更新を行っておらず、JBCでは現在引退扱いとなっている。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000045-jij-spo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。