赤ちゃんポストの3歳児 名前を話す・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんポストの3歳児 名前を話す


赤ちゃんポスト設置ですぐに預けられていた子供はなんと3歳児。父親に連れられてきたことや、名前まで話せるほどにもう、物心がついていました。赤ちゃんポストなどではなくとも、それなりの施設があるように思うのですが・・・。

 熊本市の慈恵病院(蓮田晶一院長)が開設した「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)が運用を開始した今月10日、3歳ぐらいとみられる男児が預けられていたことが15日、分かった。「ゆりかご」は親が育てられない新生児を匿名で預けられる国内初の施設。実際に子どもが預けられたのは初めて。

 関係者によると、男児が預けられたのは10日正午に運用が始まってから間もない午後。男児は父親とみられる男性に県外から連れて来られ、名前も話しており、健康状態に問題はないという。

 男児が預けられたことに、同病院の蓮田太二副院長は「事実だとしても、そうでないとしても、医療人としてコメントできない」としている。

 同病院はその後、熊本県警や児童相談所などに通報。県警は保護責任者遺棄罪に当たらないかなど捜査したが、事件性はないと判断した。

 「赤ちゃんポスト」については「子どもの命を救える」との評価がある一方、安倍晋三首相が「大変抵抗を感じる」と不快感を示すなど「安易な育児放棄を助長する」との批判も根強く、賛否が分かれている。

 熊本市は国との協議を踏まえ「許可しない合理的な理由はない」として設置を認めた。施設は病院に屋外から開ける扉(縦50センチ、横60センチ)を設け、屋内の保育器に直接赤ちゃんを置ける仕組み。扉が開くとブザーが鳴り、24時間体制で病院スタッフが駆け付け保護する。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070516-00000010-nnp-l43
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。