14歳少女、出会い系~薬物中毒に・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14歳少女、出会い系~薬物中毒に


14歳の女子中学生が風呂の水を飲んで重体、との通報から一転、なんと薬物中毒。出会い系で知り合った男と暮らしていたそうですが、家出していたわけですよね。家から捜索願いは出されていなかったのでしょうか。そんな家庭環境だったとしたら、この少女が可哀想すぎます。

 15日午後1時半ごろ、東京都町田市高ケ坂の都営高ケ坂第2アパート1号棟4階の一室で、男から「風呂の水を飲んだら女が意識を失った」と119番があった。救急隊員が駆けつけると、少女が室内で倒れており、病院に運ばれたが意識不明の重体。外傷はないが腕に注射痕があり、警視庁町田署は薬物中毒の疑いがあるとみて捜査。同署はこの部屋に住む自称会社員、桜井剛太容疑者(39)を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕し、少女が重体になった経緯を追及する。

 調べでは、少女は都内の区立中学3年生(14)。昨年12月に家族から家出人捜索願が出されていた。桜井容疑者とはこのころ出会い系サイトで知り合い、その後一緒に生活していたとみられる。少女が風呂の水を飲んだ形跡はなかった。

 桜井容疑者は薬物常習者で、意味不明の言動を繰り返している。近所の住人によると、桜井容疑者は昨年も睡眠薬を大量に飲み暴れたことがあったという。15日に救急隊員が駆けつけた際も、隊員に怒鳴り暴れていた。今年4月末まで、別の20代くらいの女性が部屋に出入りしていたという。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070516-00000011-san-soci
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。