「おふくろさん」騒動 中森明菜で決着!?・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おふくろさん」騒動 中森明菜で決着!?


「おふくろさん」騒動は、森進一には歌わせないという作詞家川内氏の決断で一時決着した形になりましたが、名曲といわれる「おふくろさん」をこのままにもしておけないでしょう。以外にも中森明菜が歌うことになる可能性が。しかもファン投票の結果なので、実現の可能性おおありです。

 えっ、明菜が禁断の「おふくろさん」を歌う!? 6月27日にポップス歌手として初めて演歌のカバーアルバム「艶華」を発売する中森明菜(41)が、森進一(59)の代表曲「おふくろさん」を収録する可能性があることが15日、分かった。

 明菜は先月12日からカバーしてほしい楽曲をファンに呼びかけるネット投票を行い、先月末に終了。2万3314件の投票があり、ベスト3に入った石川さゆり「天城越え」(2933票)、坂本冬美「夜桜お七」(2640票)、森昌子「越冬つばめ」(2485票)の収録を決めた。

 上位ランク曲はこの3人の曲をはじめ、故美空ひばりさんや故テレサ・テンさんら女性の楽曲が大勢を占めたが、異変も起こっていた。森の「おふくろさん」が1041票の27位にランクされていたのだ。

 ネット投票を募集したのは、森が同曲のイントロ前に無断でせりふを足した問題で、作詞家の川内康範氏(87)から歌唱差し止めを言い渡され、連日この問題が報道された時期と重なる。「昔、明菜がテレビ番組でサビの部分を真似していたことがあった」という投票意見があり、明菜ファンと演歌ファンが敏感に反応し、得票に拍車がかかったようだ。

 制作スタッフの間では「今回のアルバムには合わないんじゃないか」という意見がある一方で、「ファンが望んでいるのなら」と収録に前向きな声も。日本音楽著作権協会ではオリジナルバージョンの歌唱規制はしていないため、問題はない。最終的には明菜が決めるという。

 川内氏のマネジャーはサンケイスポーツの取材に「最終決定ではないようなので、先生の耳には入れない」と断った上で、「先生は森進一氏以外の人がオリジナルバージョンを歌うことには問題がないという考え。特に問題はないのではないか」と話している。収録曲は今週中に決める予定で、明菜の決断次第では大いにありそうだ。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070516-00000009-sanspo-ent
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。