宝探しはやめられない!?600億円分の金・銀貨・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝探しはやめられない!?600億円分の金・銀貨


お宝さがしはこれだからやめられません。沈没船の金貨や銀貨とは、またずいぶんロマンのある話ですね。まだまだ探せばありそう、というか、沈没船に関しては、技術の発達した今だからこそ発見も引き上げもできるんでしょうね。

米フロリダ州の沈没船探査会社が18日、米国が英国などの植民地だった時代に大西洋で沈没した船から銀貨50万枚以上と金貨数百枚を発見したと発表した。総額は5億ドル(約600億円)になるとの試算もあり、同社は「歴史的な沈没船で見つかったものとしては過去最大級」と説明している。
 発見したのはオデッセイ・マリーン・エクスプロレーション社。保安上の理由や調査中であることなどから、船名や沈没時期などの詳細は明らかにしていないが、発見場所は公海の海底だと話している。AP通信によると、同社はイギリス南西沖で17世紀に沈没した商船の引き上げ許可を米裁判所に申請し16日に認められている。
 発見された銀貨は総重量17トン以上。金貨も含め保存状態は良好だという。同社は権利関係に問題がないことを確認した上で、発見したコインを販売する予定。同社の依頼で鑑定を行った専門家によると、1枚あたりの価格は数百~4000ドルと見込まれる。
 AP通信によると、沈没船の財宝で最も高値がついたのは85年にフロリダ沖のスペイン船(1622年に沈没)から回収された金貨や宝石などで総額4億ドルだった。オデッセイ社は03年にも米南部ジョージア州沖で1865年に沈没した船から金貨など5万枚を回収している。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070519-00000025-mai-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。