自衛隊 イージス機密情報の件はどうなったんでしょうか・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊 イージス機密情報の件はどうなったんでしょうか


自衛隊で、機密情報の取り扱いへの危機感から定期的に個人面談をおこなうとのこと。国防上の機密取り扱いは、一般企業の個人情報の取り扱いよりルーズなんじゃないかという印象を持ってしまいました。ところでイージスの件は、このままうやむやな発表で終わってしまうのでしょうか。

 防衛省は21日、同省全職員と全自衛隊員を対象にした情報管理に関する個人面談を、年1回以上定期的に実施することを決めた。自衛隊の内部情報流出が相次いでいることを重視した対応。今月1日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で合意した「軍事情報に関する一般保全協定」(GSOMIA)の締結に向け、情報保全強化の姿勢を示す狙いがある。
 今年に入り、ファイル交換ソフト「ウィニー」による陸上自衛隊の情報流出や、海上自衛隊のイージス艦情報持ち出しが発覚した。衝撃を受けた久間章生防衛相が今月中旬、省内に文書で異例の「定期面談作戦」を指示した。
 相次ぐ情報漏えいを受け、米政府には日本政府に対する不信感が生まれており、そうした空気によってGSOMIA締結合意が浮上した経緯がある。防衛省は定期面談で情報管理の徹底をはかりたい考えだ。
 今年の面談は今月中に開始する。職員、隊員に直属の上司らが情報保全を確約させるほか、他の同僚が不正を行っていないかの聞き取りも行う。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070522-00000011-mai-soci
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。