電子レンジ・冷蔵庫・乾燥機に発火の恐れ さすが松下製品・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子レンジ・冷蔵庫・乾燥機に発火の恐れ さすが松下製品


松下電器の製品に発火の恐れあり。電子レンジ、冷蔵庫、衣類乾燥機すべてあわせて28機種305万6805台というとてつもない数の回収が発表されました。この辺がやっぱりさすがに天下の松下ですね。最初から設計ミスがなければベストなんでしょうが、死亡事故など起きてから対処するケースがほとんど。ストーブでの苦い体験は生きていますね。

 松下電器産業は30日、同社製の電子レンジ、冷蔵庫、衣類乾燥機について、部品の不具合から発煙・発火の恐れがあるとして、自主回収し、無料で修理すると発表した。対象は28機種305万6805台で、同社の回収例としては過去最大規模という。
 対象は、電子レンジが1988年12月から93年12月までに製造された12機種193万1740台、冷蔵庫が89年2月から92年10月までの5機種30万3487台、衣類乾燥機(三菱電機への受託生産分を含む)が93年8月から2001年12月までの11機種82万1578台。
 いずれも長期間の使用によって、ほこりなどで吸気口や通気口がふさがれた場合、内部の電子部品が高温になったり、はんだ部分に亀裂が入ったりして、発煙・発火した。原因は(1)本来は不燃性の樹脂を使うべき部品に可燃性樹脂を使った(2)部品の劣化が想定より速かった(3)はんだの量が少なかった-など、さまざまだが、同社はいずれも設計段階からのミスだったことを認めた。

(引用:ライブドアニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000136-jij-bus_all
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。