セコムCM、なぜ電気工事の人だったんだろう?・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セコムCM、なぜ電気工事の人だったんだろう?


セコムのこのCM、最初は公共広告機構のCMだと勘違いしてました。夜道は気をつけてね、とか一人歩きは警戒してね、とか呼びかけるという。日本も本格的に物騒になったなと思っていたらセコムだったんですもんね。でも、何故に電気工事の人だったんだろう。

 大手警備会社のセコムは、放映中のテレビCMを中止し、6月1日から別の内容のものと差し替えることを決めた。
 放映を中止するのは、子どもや女性が携帯機器のボタンを押せば、セコムが現場に急行する「ココセコム」のCM。道行く人や電柱で作業中の人が突然、猛獣などに変身する内容で、「ごく普通の人が犯罪者になりうることを比ゆ的に表現した」という。
 しかし同社は、このCMが、電設工事などに携わる人たちに不快な思いをさせたと判断し、中止を決めた。内容を一部手直しし、改めて放送するという。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000002-mai-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。