宮尾すすむ、追突事故の原因となった急病・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮尾すすむ、追突事故の原因となった急病


宮尾すすむが車で追突事故ということですが、原因は急性硬膜下血腫とのこと。運転中に突然発病したようで、追突直後も車を止めることができなかったようです。幸い本人にも相手の方にも事故による大事はなかったようで何よりでした。これが高速道路だったら、と考えると怖いですね。

 タレントの宮尾すすむ(73)が、急性硬膜下血腫のため都内の病院に入院したことが1日、分かった。所属事務所によると、現在は意識も回復している状況で、手術は必要なく数日間の入院で退院する予定だという。

 宮尾は5月31日午後1時45分ごろ、東京都港区の路上で乗用車を運転中、突然体調が悪くなり、前に止まっていた乗用車に追突。相手にけがはなく、車の破損も小さいものだったが、運転していた車が停止できず、一時意識不明となり、同区内の病院に運ばれたという。急性硬膜下血腫は出血が硬膜と脳の間にたまり、固まって脳を圧迫するもので、意識障害を伴う。原因は外傷によるものであることが多く、治療も手術を行うことが一般的だ。

 この日、宮尾の長男でタレントの山口雅史(29)のブログで、所属事務所と山口の名前で事故と入院を報告。「関係者の方々に多大なるご迷惑をお掛けしましたことを深くおわび申し上げます」と事故を謝罪。体調の経過を説明した後、「病状が回復致しましたら、改めましてご報告させていただく予定です」とつづっている。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070602-00000039-sph-ent
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。