桜庭和志、またもヌルヌルに泣いた!!向こうじゃ合法・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜庭和志、またもヌルヌルに泣いた!!向こうじゃ合法


桜庭和志のDynamite!!USA、ホイス・グレイシー戦では惜しくも判定負け。ホイスの顔に塗られたワセリンが「ヌルヌル」して攻め切れなかったようです。これ、出血防止のために塗られるもので、向こうでは合法なんですね。

 桜庭和志(37)=フリー=が、またしても“ヌルヌル”に泣かされた。ホイス・グレイシー(40)=ブラジル=との7年ぶりの再戦は、ホイスの顔に塗られたワセリンが滑って攻め切れず、不完全燃焼のまま0-3の判定負け。カリフォルニア州の規定でワセリン塗布はあくまで“合法”。昨年大みそかの秋山成勲戦とは違って抗議の余地はなく、米国初見参の“グレイシーハンター”は、敵一族に悲願の雪辱を許した。

  桜庭の脳裏に、大みそかの悪夢がよぎった。ホイスの腕を取り、固めにかかるたびに滑ってしまう。こう着状態で決め手を欠いたまま、5分3Rの短期決戦は終了。5万4000人による声援の大きさが上回ったのは桜庭だが、打撃数で上回ったのはホイス。ジャッジは3者ともにロスを本拠地とするブラジル人の勝利を支持した。対グレイシー一族5戦目にして、初めて桜庭が散った。

 カリフォルニア州アスレチック・コミッションの規定では、ワセリンは禁止どころか、出血防止の目的で出番前の両者の顔に塗り込まれる。桜庭の顔にも塗られた。両者の汗とも混じり合って、はからずも寝技主体の桜庭が忌み嫌うヌルヌル状態に。敗戦後には不満を感じたが、あくまでも公正なルール内で起きた状況。「(腕を)取りにくかったけど、取れない自分が悪かった」と悔しさを表した。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070604-00000109-sph-fight
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。