絵に描いたような悪い警察 まるでドラマですよ・・・・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵に描いたような悪い警察 まるでドラマですよ・・・


冤罪事件は残念ながら、稀にあるようですがこれはひどい。証拠なんて捏造しまくりじゃないですか。ドラマや映画さながらの悪い警察そのままがリアルに実在するとは思いませんでした。犯人扱いされた男性の狂ってしまった人生は、どうしてくれるんでしょうか。

 富山県氷見市の男性(39)が2002年、県警に誤認逮捕されて服役した婦女暴行・同未遂冤罪(えんざい)事件の公判で採用された一連の証拠書類が明らかになり、捜査当局による「自白」捏造(ねつぞう)の事実がわかった。

 男性が知らないはずの被害少女宅の克明な見取り図が作製されていたほか、男性宅から押収された凶器のナイフも、被害少女の証言とは異なっていた。男性は6日、日本弁護士連合会が都内で開くシンポジウムに参加、取り調べの実態を証言する。

 公判で証拠採用されたのは、婦女暴行事件(02年1月)の被害少女(当時18歳)の自宅と少女の部屋の見取り図、現場で足跡が採取された靴の絵、男性の供述調書など。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000001-yom-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。