加護亜依が引き合いに!?西武の再スタート・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加護亜依が引き合いに!?西武の再スタート


加護亜依まで引き合いに出されてしまった!?西武の再出発研修。社会に与える影響の大きさを再認識する狙いだったようですが、西武でもごく一部ですよね。裏金にかかわっていたメンバーって。間違いなく上からの指示だったでしょうし、会社の大金みんなが自由に動かせるわけじゃないと思うんですが。

 裏金問題からの再出発を目指す西武が4日、編成部員を中心とした球団職員16人に対するコンプライアンス研修を都内で行った。初日のこの日は、元警視庁暴力団対策課長の山本祥博氏を講師に招いて「不祥事をめぐる反省と教訓」と題された1時間半の講義を実施。山本氏は喫煙問題で所属事務所を解雇された元「モーニング娘。」の加護亜依(19)などの例を引き合いに出し、プロ野球選手と球団が背負う社会的責任の重さを懇々と説いた。
 長年組織犯罪に携わった山本氏は「今までの球団、球界の慣例や風習を払しょくして、世の中の常識に合わせていく必要がある」と出直しには相当の覚悟が必要と強調した。「プロ野球は夢を売る社会的責任を持つ業界。そしてそれを失うのは一瞬」と述べ、その典型的な事例として挙げたのが「加護ちゃん」だった。「19歳でたばこを吸ってしまい、社会から抹殺された。公器だという自覚がないからそういうことが起こる。そういうことにならないためにも発掘した側の責任というのは大きい」。注目される世界だからこそ、人並み以上の意識を持つことが必要との教えだった。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000044-nks-base
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。