コムスンの利用者、6万人の今後は・・・・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コムスンの利用者、6万人の今後は・・・


コムスンの介護利用者は、現在で6万人にものぼるとのこと。コムスンが介護事業から撤退したとき、当然この6万人の「受け皿」が必要になるわけですが、やはり地方によってばらつきがあるようです。また、コムスンの関連会社に全事業を譲渡という選択で、また展開がややこしくなってきました。6万人の方々が、安心して介護を受け続けることさえできればいいのですが。

 訪問介護最大手の「コムスン」に対し、厚生労働省は新規指定禁止など厳しい措置を取った。これに対して同社は、関連会社に全事業を譲渡するという“ウルトラC”で対抗してきた。「量から質へ」とサービス向上のための業界変革を目指す同省と、法令を逆手に介護事業からの撤退を避けようとする同社。同社の訪問介護を受けている6万人はどうなるのか。

 今後の対応について、同省は「一義的にはコムスンが考え計画すべきだ。行政の働きかけでサービスを受けられるようにする」と楽観的だ。一方、同省から「利用者に対するサービス確保に万全を期するよう」と指示された自治体。東京都担当者は「(今回の事態は)自業自得。コムスンが自己責任でやるべきこと」と指摘する。ところが、同社の事業譲渡が明らかになり、衣替えした“新生コムスン”でのサービス継続の可能性が出てきたため、6万人の行方はより不透明になった。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000013-mai-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。