コムスン、過酷な労働の実態が明らかに・・・・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コムスン、過酷な労働の実態が明らかに・・・


コムスン側にも色々と事情があるのかもしれませんが、行政に対しての手際が鮮やかすぎました。もちろん悪い意味でです。これでは悪質な処分逃れといわれてもしようがないですね。また、現場では過酷な労働条件が明らかに。「ヘルパーが相次いで体調を崩し、無理な夜勤が続いた。24時間在宅介護は、すべて現場任せでうまくいっていなかった」。・・・

 度重なる虚偽申請とずさんな体制。6日、1600以上の事業所の順次廃止に踏み切った厚生労働省は「コムスン」(東京都港区)のそんな実態を重視した。「24時間在宅介護」を掲げ、六本木ヒルズに本社を構えるまでに成長した業界最大手企業。約6万人の利用者は戸惑い、約2万4000人の従業員も不安そうな表情を見せた。
 「(申請書に)名前が書いてある職員が当初からいなかった」。同日午後、正式発表した厚労省の担当者は、虚偽申請を厳しく批判した。
 不正が発覚した後の対処も悪かった。4月、東京都が介護報酬の不正請求を行った3事業所の指定取り消し処分を決めると、コムスンは直前に事業所廃止を届け出た。処分しようにも対象の事業所を消滅させる。都の担当者は「悪質な処分逃れで目に余る不正」と怒りを隠さなかった。
 利用者の不安は全国に広がる。
 05年、コムスンに訪問介護事業を全面委託した北海道利尻富士町(利尻島)。担当者は「突然のことで対応は白紙。コムスンからの説明はない」と戸惑う。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000002-maip-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。