中国人民元の件 とりあえず、ケンカ売るわけじゃないんだけど・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人民元の件 とりあえず、ケンカ売るわけじゃないんだけど


中国人民元の件、アメリカとしてはいきなりケンカを売る気は無いんだけど、注意はしておくねっていうところでしょうか。中国も、信用を地道に得ていこうとするタイプじゃないですからね。都合によって、先進国だったり発展途上国だったりする国ですから。まあ、それを素でやっちゃう国は日本ぐらいかもしれませんが。

 米財務省は13日、主要貿易相手国の為替政策に関する報告書(為替報告)を公表、中国人民元が「過小評価されている」との見方を示し、引き続き中国に対し人民元の上昇を求めていく意向を表明した。ただ、中国を為替操作国とは認定しなかった。
 今回の内容はほぼ想定の範囲内。米議員の間では中国の為替慣行をめぐり、中国に対し一段と強行な措置をとるよう求める声がでている。
 報告書では「中国の為替相場政策が、国際収支の効率的調整の阻害および国際貿易における不当な競争的優位性の獲得を目的に実施されていたという点に関し、米財務省はこれを断定することができなかった」とした。
 ポールソン米財務長官は12日、中国人民元の柔軟化を実現する最良の方法は、中国との集中的な対話および交渉であって法的措置ではないと確信すると述べており、長官の方針に沿った報告となった。
 ただ、人民元が40%程度過小評価されており、米企業に損害を与えていると米議員や製造業者が非難しており、報告では人民元上昇を求める語調が先鋭化。「財務省はあらゆる機会において、中国当局に対し為替制度問題を強く(forcefully)提起しており、今後も同様に続ける」とした。その上で「中国は、経済のリバランス化への一段と精力的な取り組み、過小評価に対応するための人民元の即時変動、より柔軟な為替制度の策定にこれ以上躊躇(ちゅうちょ)すべきでない」と指摘した。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000278-reu-bus_all
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。