中国製「トーマス」にも鉛・・・なぜ!?・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国製「トーマス」にも鉛・・・なぜ!?


中国製製品の安全性、なぜ今まで問題にならなかったのか不思議です。先日日本でも、中国から輸入された土鍋に鉛が混入していたというニュースがありましたが、果たしてどれほど回収されたのでしょうか。で、こんどは大人気玩具の「きかんしゃトーマス」に鉛の混入です。なぜこんなことが普通に起こってしまうのか。

米消費者製品安全委員会(CPSC)は14日までに、幼児向けおもちゃ「きかんしゃトーマス」に使われていた塗料に有害物質の鉛が混入していたとして、米メーカー「RC2コーポレーション」(イリノイ州)が150万個の自主回収に乗り出したと発表した。対象製品は中国で製造された。
 「きかんしゃトーマス」は日本でも人気の高いおもちゃ。自主回収対象の22品目のうち、「ジェームス」など11品目が日本に輸入販売されており、販売元のソニー・クリエイティブプロダクツ(東京)が無償交換に応じる。いずれも2005年4月以降に発売された商品。同社は「これ以外の『トーマス』シリーズに問題はない」(マーケティング部)としている。 

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000054-jij-int
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。