桑田、いきなりのKO!?むしろメジャー昇格へ自信のわけ。・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑田、いきなりのKO!?むしろメジャー昇格へ自信のわけ。


桑田、計画的被弾 あえてボール2つ分甘めに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070302-00000092-sph-base

桑田真澄、フリー打撃当番でいきなりKO!?というわけではなさそうです。

 パイレーツの桑田真澄投手(38)が28日、キャンプ2度目のフリー打撃に登板。打者4人に対して45球を投げ、130メートル級の一発を初めて浴びた。しかし、これは“計画的被弾”と本人は言い、オープン戦登板の準備のために許した本塁打と説明した。

 オープン戦で使用するマケニー・フィールドのマウンドに立った桑田。高めの速球を身長196センチの巨漢・エルドレッドにいきなり強振され、左翼フェンス後方に立つ建物の先まで運ばれた。

 痛恨の一球? 桑田本人は「大きかったね」と薄ら笑いで振り返った。「ボール2つ、甘めに行ったのね。そうすると、あれくらい行くんだな、と…」相手に打たせるため、あえては投げた球だったと言った。法則は導き出していた。低めに決めれば誰もが見逃す。ボール1個半、甘く入ると危ない。1個分なら何とかゴロを打たせることができる-こう考えている。

初登板を今月4日に控えているものの、ベテランらしく余裕ですね。レッズ戦の真剣勝負が楽しみ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。