エキスポランド事故、ペアで運行の「雷神号」車軸にも亀裂・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキスポランド事故、ペアで運行の「雷神号」車軸にも亀裂


エキスポランドでのジェットコースター風神号の脱線事故で、新たにペアで運行していた雷神号にも車軸の亀裂が見つかったとのこと。今まで目視だけで安全として運行をつづけていた「風神雷神2」ですが、いずれは起こるべくして起こった事故だったということですね。

被害者の方々は本当にお気の毒だったというほかありません。

 大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」のジェットコースター「風神雷神2」の脱線事故で、事故車の風神号とペアで交互に運行していた雷神号の車軸にも深刻な亀裂が生じていたことが、府警吹田署の捜査本部の調べでわかった。

 亀裂は視認できるほどで、雷神号も車軸破断による重大事故を起こしかねない状況だったとみられる。府警は、ずさんな検査が2台のコースターの異常を見逃したとみて、園の検査担当者らから事情を聞いている。

 調べでは、亀裂が見つかったのは、雷神号(6両編成)に計14本ある車軸(長さ37センチ)の左側の1本。事故後、府警が車体を分解したところ、風神号の折損個所と同様に傷を確認した。外部の専門機関に探傷試験を依頼し、超音波や磁気で調査した結果、車軸の内部にまで達する亀裂とわかった。車軸は、大小五つの車輪からなる「車輪ユニット」と車体をつなぐ役目があり、亀裂がさらに拡大した場合、風神号と同じように車輪ユニットの脱落に至った可能性もある。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070624-00000501-yom-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。