この犯人に適用させるためにも、死刑制度は存続を・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この犯人に適用させるためにも、死刑制度は存続を


山口県光市の母子殺害事件について、知らない人はほとんど居ないでしょう。遺族の本村さんは本当に頑張っていらっしゃると思います。この殺人犯に死刑が適用されないとすると、どんな人間が死刑になるんでしょうか。様々な意見はあろうかと思いますが・・・。

 山口県光市の母子殺害事件で、広島高裁で開かれた差し戻し控訴審の公判終了後、遺族の会社員本村洋さん(31)は28日、広島市内で記者会見した。元少年の被告(26)の口から殺意と乱暴目的を否認する言葉が次々と出たことに「聞くに堪えない3日間。あまりにも身勝手な主張が多く、亡くなった者への尊厳のかけらも見えなかった」と語気を強めた。
 本村さんは3日間の法廷に、亡き妻と娘の遺影を胸に臨んだ。この日、被告が退廷する間際、事件後に初めて目が合ったという。「鋭い目でにらみ付けられた。遺族を見下ろされた。きょうほど憤りを感じたことはない」と深い怒りをあらわにした。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070628-00000174-jij-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。