無罪でも不幸ですね・・・父殺しの長男・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無罪でも不幸ですね・・・父殺しの長男


家族間の争いから殺人まで起きてしまうケースが昨今珍しくなくなってきてしまいました。なんとも痛ましいことです。今回の事件も、父を殺害して自宅に放火した長男が、責任能力なしとのことで無罪になったというものですが、どちらにしても不幸なことです。

 東京都町田市の団地で昨年1月、父親(当時69歳)を殺害し、部屋に放火したとして、殺人、現住建造物等放火の罪に問われた無職の長男(42)の判決が10日、東京地裁八王子支部であり、小原春夫裁判長は、心神喪失状態だったとして無罪(求刑・懲役10年)を言い渡した。

 判決によると、長男は昨年1月13日午後、同市内の団地の自室で、父親をドリルで突き刺すなどして殺害し、ゴミ袋を燃やすなどして自室を全焼させた。

 公判では、責任能力の有無が争点になり、弁護側は「(通院先から処方された)薬物の大量摂取によって心神喪失状態だった」と主張していた。

 小原裁判長は、長男が実母の再婚相手である父親に対し、以前から憎しみを抱いていたなどとし、殺意や放火の故意があったことは認めたが、精神鑑定の結果などから「善悪を区別して行動する能力が喪失していたと考えられる」とした。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000405-yom-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。