巨大イカ、タスマニアで打ち上げられる・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大イカ、タスマニアで打ち上げられる


ダイオウイカの一種がオーストラリアはタスマニアで発見されたそうです。胴体部分だけで2メートル、全長8メートルといいますから、かなりのものですね。

ところで巨大イカといえば、子供の頃に絵本なんかでよく見た挿絵を思い出すんですよ。タンカーなんか襲っているやつ。もはや怪獣ですね。あの印象から、いまだに巨大といわれても、巨大に見えないところがあります。

 豪タスマニア島の西岸にあるストローン近郊のオーシャンビーチで10日、深海に生息する巨大イカが打ち上げられ、科学者らの注目を浴びている。このイカは、胴体部分だけで長さが2メートルある。
 地元博物館の関係者は11日、メディアに対し「けた外れの大きさだ。外套膜の幅は約1メートルあり、全長は約8メートルだ」と語った。重さは250キロという。
 タスマニア州の当局者はこのイカがダイオウイカの一種であると特定。科学者らは標本を採取して調査を行う予定。
 ダイオウイカの仲間は、長さ10メートル超、重さ275キロ超に達することもあるという。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000379-reu-int
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。