被災地に雨で、二次災害のおそれ・・・!・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地に雨で、二次災害のおそれ・・・!


新潟の地震被災地で、中越地方を中心に雨が降り出したもようです。まだまだ救出活動も真っ最中だというのに、捜索の遅れや二次災害の発生が懸念されます。時間を追うごとに雨脚は強くなるとみられ、新潟地方気象台では、被災地での大雨洪水注意報が発令・・・。

 震度6強の地震に見舞われた新潟県柏崎市などの中越地方では17日朝から、雨が降り始めた。昼過ぎから、所によっては雷を伴い、多いところで1時間当たり15ミリ、18日午前6時までに30ミリに達する雨が予想されている。片づけなどに追われる被災者らは「新たな被害が出るのでは…」と心配を募らせていた。
 柏崎市では、地震で地盤が緩んでいる青海川、米山の両地区にそれぞれ避難指示、勧告を出し、住民計約100人が避難している。
 自坊が半壊したため、16日夜は乗用車内で過ごしたという柏崎市西本町の住職、長沢良宣さん(65)は「本堂は土造なので、雨に降られたら壁が完全に崩れてしまう。(天候には逆らえないため)どうしょうもないが…」と、心配そうに話していた。
 また、近くで食品製造業を営む赤沢和雄さん(55)も「電気が回復していないので、昼間でも屋内が片付けられない。天気が崩れると、さらに暗くなるので困る」と落胆していた。
 市内各地では昨夜に引き続き、行方不明者の捜索活動が行われた。午前8時前からは同市西本町の倒壊家屋などが捜索された。今後は、雨によって捜索活動の難航が予想される。新潟県警柏崎署の瀧沢一郎警備課長は「雨が降れば、土砂崩れの危険が高まり、復旧が遅れる。落雷も危険で、作業を中止せざるを得ないかもしれない」と語った。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000910-san-soci
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。