そのまんま東、知事当選の裏側・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのまんま東、知事当選の裏側


そのまんま東から宮崎県知事、東国原知事へ・・・。宮崎県前知事の初公判が宮崎地裁で行われました。宮崎県民は、もう癒着体質の県政に心からうんざりしていたと見えますね。タレントで知名度があるってだけで、なぜ当選させてしまうのか驚きでしたが、前があまりにひどかったということでしょうか。

 宮崎県の官製談合・汚職事件で、競売入札妨害、事前収賄、第三者供賄の3罪に問われた前知事、安藤忠恕(ただひろ)被告(66)の初公判が20日、宮崎地裁(高原正良裁判長)であった。昨年12月8日の逮捕以来、一貫して否認してきた安藤被告は「無実の罪で起訴されており、一日も早く身の潔白が証明されることを強く望んでいる」と述べ、無罪を主張した。
 起訴状などによると、安藤被告はヤマト設計元社長の二本木由文被告(57)の依頼を受け、元県出納長、江藤隆被告(63)らに指示し、05、06年、3件の設計業務入札で、ヤマト設計に総額約3539万円の事業を受注させた(競売入札妨害罪)。また、知事当選直後の03年7月、二本木被告から2000万円のわいろを受けた(事前収賄罪)ほか、二本木被告に依頼し、自らの政治指南役だった元国会議員秘書、石川鎮雄被告(69)に約1000万円を供与させた(第三者供賄罪)。
 検察側は冒頭陳述で、「安藤被告が石川被告を通じて二本木被告に資金調達を依頼し、見返りにヤマトへの事業受注を指示した」などと指摘した。江藤、二本木、石川3被告はそれぞれの公判で、安藤被告の関与を認めている。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070720-00000087-mai-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。