社会保険庁、ついに仕事振りに見張りまで・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保険庁、ついに仕事振りに見張りまで


社会保険庁の職員にとっては屈辱的なことかもしれませんが、ついに庁内に「見張り」が立てられることになりました。「きちんとお仕事しなさいね~」ということですよね。しかし、これまでの社会保険庁の所業を考えれば仕方がない、との声も。

 社会保険庁の業務を監視する総務省の「年金業務・社会保険庁監視等委員会」が23日午前、厚生労働省と社保庁が入る東京・霞が関の中央合同庁舎5号館の7階に新事務室を開き、業務を開始した。

 総務省職員十数人が常駐する。事務室をあえて厚労省内に置くのは、「国民をはじめ、政府内でも多くの人が社保庁の姿勢を疑問視している」(菅総務相)ためだ。省庁が別の省庁の庁舎内に乗り込んで業務を監視するのは「おそらく初めて」(総務省幹部)で、厚労省、社保庁内には「進駐軍のよう。屈辱的だ」とのため息も漏れる。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070723-00000003-yom-pol
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。