大毅、あわれ。子供じゃないんだから・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大毅、あわれ。子供じゃないんだから


大毅といえば、負けたら切腹ぐらいのビッグマウスでしたが、反則の謝罪会見では黙りこくったまま。「家でもずっとあんな調子だから・・・態度で分かってもらおうと」とは、父の史郎氏の弁。って、子供じゃないんだから。それに引き換え、内藤の「自分の18のときなんてもっと子供だった」というコメントは、さすが王者の風格ですね。

 世界タイトルマッチで悪質な反則を繰り返し1年間のライセンス停止処分を受けたボクシングの亀田大毅(18)=協栄=が17日、父の史郎トレーナー(42)、協栄ジムの金平会長とともに東京都内の日本ボクシングコミッション(JBC)事務局で試合後初めて記者会見。しかし大毅、史郎トレーナーからチャンピオンの内藤大助(33)=宮田=へ明確な謝罪はなかった。亀田父子は会見に先立ちJBCに陳謝した。

 頭を丸めて会見場に現れた大毅はずっと下を向いたまま。会見では金平会長がまず謝罪し、続いて史郎トレーナーが「ご迷惑をかけてすみません。これから一歩一歩やっていきますので。よろしくお願いいたします」とあいさつ。続いて大毅が現在の心境について発言を促されたが、大毅は下を向いて黙ったまま頭を数度横に振っただけ。この後すぐに大毅は退出、ひと言も発することなく2分足らずで会見場を後にした。

 代わって史郎トレーナーは、大毅が前夜自発的に頭を剃って会見に臨んだと説明。「家でもずっとあの(黙った)状態です。みんなの前に出てしゃべられへんでも、態度でわかってもらおうという気持ちです」と話した。 

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000173-sph-spo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。