ヤンキース、中日の岩瀬でV奪回へ・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキース、中日の岩瀬でV奪回へ


ヤンキースといえば、名将トーリ監督の退陣が決まったことで寂しい限りですが、早くも来季に向けた補強計画が進んでいるようです。驚きなのは、中日の岩瀬仁紀へのオファー。もちろん実力的にはOKなのですが、日本選手がここまで期待されるとは。野茂の渡米以前と比べると、確実に時代は変わりましたね。

 ヤンキースが、今オフにFA権を取得した中日・岩瀬仁紀投手(32)の獲得に動いていることが23日、明らかになった。8年ぶりの世界一奪回に向け、左腕の救援投手は来季の補強ポイントの1つ。今季、ライバルのレッドソックスは岡島秀樹投手(31)の獲得がリーグ制覇の大きな要因と言われており、ヤ軍もそれに対抗するように日本球界No・1守護神に狙いを定めた。

 名将トーリ監督の退団が決まり、来季、新体制でスタートを切るヤンキース。今オフは大型補強に動くことは確実で、米国内だけでなく、日本のFA市場にも目を向けている。ターゲットは、今季、日本プロ野球史上初の3年連続40セーブ以上をマークした中日不動の守護神・岩瀬だ。

 ある米球界関係者は「ヤンキースはシーズン中から岩瀬をずっとマークしている。メジャーのFAを含めてもリリーフ投手ではトップリストに挙げている」と明かす。日本シリーズ進出を決めたクライマックス・シリーズ(CS)でも4セーブをマークした左腕には、メジャーの複数球団が調査を継続。その中でも最も高い関心を示しているのがヤ軍という。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000000-spn-spo
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。