国内・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守屋前次官、夫婦で偽名 失ったものはあまりに大きい


守屋前次官の接待ありやなしやの問題、山田洋行からのゴルフ接待の際に、夫婦で偽名を用いていたことが明らかになりました。当然ですが、悪いことをしているという自覚はアリアリだったということですね。また、ゴルフのプレー後には賭けマージャンや飲食の接待があったことも判明しているとか。

 防衛専門商社「山田洋行」の元専務(69)からゴルフ接待を受けていた防衛省の守屋武昌・前事務次官(63)と妻が、ゴルフバッグに偽名のネームプレートをつけていたことが分かった。同行した元専務が、予約や受付時に偽名を使っていたことは判明していたが、夫妻自らが身分を偽っていた実態が明らかになったのは初めて。元専務とのゴルフが自衛隊員倫理規程に反するなど、不適切だったとの認識があったことを裏付ける事実で、29日の証人喚問でも焦点の一つとなりそうだ。

 関係者によると、偽名を考案したのは元専務。前次官については、母親の旧姓に名前(武昌=たけまさ)の当て字を組み合わせ「佐浦丈政」とした。妻は旧姓に「性格が明るい」(山田洋行関係者)という特徴から連想した「明子」を続け「松本明子」とした。

 元専務は夫妻に対し、あらかじめ「こういう偽名にしますよ」と断り、承諾を得てからネームプレートを作った。出来上がってから「これに替えましょう」と言うと、夫妻は受領し、本名だったプレートを偽名に付け替えたという。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000016-mai-soci

島谷ひとみ、初の熱愛報道!お相手は・・・


島谷ひとみにとっては、これが初の熱愛報道になるんでしょうか。お相手は、なんと俳優の玉木宏。意外というか、やっぱりというか。そういえば、玉木宏は以前加藤ローサと付き合っていたんでしたね。ところで今回の島谷ひとみの熱愛報道、出所はどこなんでしょう。随分淡白な報道ですが・・・。

俳優の玉木宏(27)と歌手の島谷ひとみ(27)が交際していると、23日発売の「女性自身」が報じている。同誌によると、2人は知人を通じて1年ほど前に知り合い、グループで食事に行くなど友人関係がスタート。玉木が女優の加藤ローサ(22)と破局後の今年9月頃から、交際に発展したという。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000049-spn-ent

米兵暴行の件、やっぱり言っちゃいけなかったか


米兵が女性に暴行の件、広島県知事の発言に波紋が広がっています。批判されているものの、この発言に同意する人は、決して少なくないのでは。でも、やはり公職にある人が公の場で言っちゃいけなかったということでしょうね。未成年が、ってところがポイントだと思います。

 山口県岩国市の米海兵隊岩国基地所属の海兵隊員4人が広島市内で10代後半の日本人女性に集団で乱暴したとされる事件を受けて、広島県の藤田雄山知事が「盛り場でうろうろしている未成年もどうかと思う」などと発言していたことが21日、分かった。
 県によると、藤田知事は20日に広島市内で開かれた「日本女性会議2007ひろしま」でのあいさつで、「朝の3時ごろまで盛り場でうろうろしている未成年もどうかと思うが、米兵による暴行事件が起きた。誠に遺憾で強く抗議したい」と述べた。
 藤田知事は「本意は犯罪に遭わないためのリスク管理について、一般論として言及しようとした。事件が事実であれば、その原因は当然加害者側にある」と説明している。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000923-san-soci

亀田問題を斬る!!あの大御所たち・・・


亀田大毅の反則騒動も、謝罪会見を開いて何となく収束の方向に向かっていますが、この方たちが一刀両断です。ガッツ石松、薬師寺保栄、輪島功一と世界を制したチャンプたちですよ。3氏が亀田家の謝罪を認めていないのは明らか。

そういえばガッツ氏は以前、テレ朝でやくみつると親父の史郎氏が亀田興毅の問題でもめた時にも、堂々とした対応でしたね。

 ボクシングの元世界チャンピオン、輪島功一とガッツ石松、薬師寺保栄の3氏が21日、日本テレビ系「ザ・サンデー」に出演し、“亀田問題を斬る”と題した緊急座談会を開いた。3氏は17日夕方に開かれた亀田史郎、大毅親子らの謝罪会見を振り返り、“笑い”を織り交ぜながら「反省ならサルでもできる」(ガッツ石松)などと改めて亀田親子に苦言を呈した。

 番組では先ず、謝罪会見をノーカットで放映。ガッツ氏は「誰に何を謝罪しているのか。(これでは)報告をしているに過ぎない。(謝罪というのは)全国のボクシングファンのみなさん…という風に入っていかないといけない」と批判。輪島氏が「みんなに言われて仕方なくやったという感じ。(亀田親子は)反省しているのかな」と述べると、ガッツ氏はすかさず「反省ならサルでもできる」と切り返した。

 座談会は、言葉を選ばず好き放題に発言するガッツ氏に、薬師寺氏がその都度フォローを入れる展開。薬師寺氏が「(亀田親子は)もう1度謝罪会見を開くのではないか」と話すと、ガッツ氏は「やっても同じだよ。やるならもっと正直にしなさい」と発言。以前、亀田親子が対戦相手の内藤大助選手をゴキブリ呼ばわりしたことに触れ、「(大毅選手にとって内藤選手は)社会の先輩だよ。ゴキブリだなんて。じゃあ、お前は亀田スッポンか」と批判した。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000905-san-spo

Re:一番多いんです。


携帯メール、受け取った時の件名は「Re:~」が一番多い、というか過半数という調査結果がでたようです。「Re:~」という件名の迷惑メールがそんなに増えたのか、と一瞬思いましたが、単純にメールのやり取り時にいちいち件名をいじらないんですね。

アイシェアは、2007年8月29日、自社会員を対象に行った「携帯メール利用時の『件名』に関する意識調査」の結果レポートを発表した。

調査対象は704名、男女構成は男性54.5%、女性45.5%。調査期間は2007年8月24日~27日、年齢構成は20代15.2% 30代48.3% 40代23.0% 50代5.3%。

この調査では、携帯電話のメールで利用者がどのようにメールを判断しているか、また件名の重要度について意識調査を行っている。

新規作成時は72.4%が「件名を入力している」と答えているが、返信時は「件名変更をしない」が65.5%。「受信箱に多い件名」では返信に自動で付加される「Re:」が55.3%と半数を超えた。

手入力される件名としては挨拶が31.1%となっている。これには「元気?」「お久しぶり」などが入っていると思われる。絵文字、顔文字は言葉が思いつかず「件名をひとまず入れた」とレポートは予測している。

なお、「1か月ぶりにメールを出す場合」でも28.4%が「メールをさがして返信」を行うと答えている。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070829-00000018-inet-inet

小沢一郎氏の逆襲がはじまった!首相続投を・・・


小沢一郎氏、参院選での民主大勝を追い風に、いよいよ逆襲の気配です。まずは安倍首相の続投批判から。ここで安倍首相が続投することが非常識かどうかはさておき、とりあえずグウの音も出ないとはまさにこのこと。ただ、双方いたずらに政権にこだわらないで欲しいものです。国あっての政党ですから。

 参院選の「遊説疲れと風邪」を理由に選挙後の記者会見などを見送り、静養していた民主党の小沢一郎代表は31日午前、党本部で開かれた役員会と常任幹事会に出席した。小沢氏は常任幹事会で、「過半数を失っても内閣が存続する非常識がまかり通ろうとしているようだが、そんな手前勝手なことは、国民の理解を到底得られない」と述べ、参院選で大敗したにもかかわらず続投した安倍晋三首相を痛烈に批判した。
 小沢氏は党職員に「おはよう」と声をかけて党本部に入り、役員会の冒頭、「(体調は)大丈夫だ」と述べた。さらに「本当の勝負はこれからだ。民主党が力を合わせれば大きな力になることが立証された。秋以降の国会で参院を戦いの場としながら、最終目標に向け頑張りたい」と述べ、政権交代を目指して安倍政権と対決する考えを鮮明にした。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000921-san-pol

小沢一郎氏の逆襲がはじまった!首相続投を・・・


小沢一郎氏、参院選での民主大勝を追い風に、いよいよ逆襲の気配です。まずは安倍首相の続投批判から。ここで安倍首相が続投することが非常識かどうかはさておき、とりあえずグウの音も出ないとはまさにこのこと。ただ、双方いたずらに政権にこだわらないで欲しいものです。国あっての政党ですから。

 参院選の「遊説疲れと風邪」を理由に選挙後の記者会見などを見送り、静養していた民主党の小沢一郎代表は31日午前、党本部で開かれた役員会と常任幹事会に出席した。小沢氏は常任幹事会で、「過半数を失っても内閣が存続する非常識がまかり通ろうとしているようだが、そんな手前勝手なことは、国民の理解を到底得られない」と述べ、参院選で大敗したにもかかわらず続投した安倍晋三首相を痛烈に批判した。
 小沢氏は党職員に「おはよう」と声をかけて党本部に入り、役員会の冒頭、「(体調は)大丈夫だ」と述べた。さらに「本当の勝負はこれからだ。民主党が力を合わせれば大きな力になることが立証された。秋以降の国会で参院を戦いの場としながら、最終目標に向け頑張りたい」と述べ、政権交代を目指して安倍政権と対決する考えを鮮明にした。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000921-san-pol

安倍首相、参院選大敗で有権者の声・・・


安倍首相の退陣をせまる世論に、民主党陣営は今ごろ笑いが止まらないことでしょうね・・・。マスコミがこぞって安倍首相退陣を報ずるので、それが世論一般かと勘違いしてしまいそうです。スキャンダルを起こした大臣をかばいすぎた感は確かにありましたね・・・。

 退陣すべきなのか、続投すべきか。自民党の参院選大敗から一夜明けた30日、「これからも責任を果たしていく」と続投宣言した安倍晋三首相の対応に、有権者や落選候補者からは厳しい声が起きた。
 札幌市のタクシー運転手、古山繁さん(62)は「この結果は国民の怒りの表れ。大敗は安倍首相の責任であり、退陣すべきだ。総理大臣になるのが早かった」と冷ややかに語った。「小泉純一郎前首相が進めた構造改革が一番良くない」とも指摘し、タクシー業界などで進んだ規制緩和を強く批判した。
 大阪市天王寺区の会社員、三井嘉代子さん(36)も「安倍さんが事務所費とか政治とカネの問題で身内をかばい過ぎた。国民に分かりやすい明確な対応をしなかったのが、あかんかった」。続投宣言には「もう辞めるしかないでしょう。きっぱりと責任を取るべきです」と語った。
 大分市の男性会社員(48)も「ここで辞任しないのは『責任を取らなくていい』ということで、それが通るなら、今後も政治家が言いっぱなし、やりっぱなしになりかねない」と批判する。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000059-mai-pol

公明党も議席を落としていたんですね・・・。


自民党、参院選惨敗より一夜が明けました。安倍政権にとっては逆風の選挙で、かなり厳しい展開になるだろうことは予想されていましたが、まさかここまで議席を落としてしまうとは、誰が予想できたでしょうか。公明党も議席を落としていたんですね・・・。

 第21回参院選は30日朝、比例代表の残り1議席を公明党が獲得し、改選121議席がすべて確定した。自民党は37議席しか得られず、過去最低だった1989年の36議席に次ぐ大敗を喫した。非改選と合わせても83議席と保守合同で臨んだ56年の参院選以降、最低となった。これに対し、民主党は選挙区、比例ともに自民党を引き離し、結党以来最高の60議席を獲得。参院第1党の座を自民党から奪った。

 公明党は選挙区で2勝3敗と惨敗、比例も7議席と伸び悩み、過去最低だった98年と同じ9議席だった。共産党は比例のみ3議席、社民党も同2議席で、いずれも退潮傾向に歯止めを掛けられなかった。国民新党は選挙区、比例で各1議席。比例候補のみ擁立した新党日本は1議席を獲得し、田中康夫代表が初当選した。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000040-jij-pol

母子殺害事件 弁護士の仕事とは・・・


山口県光市の母子殺害事件であらためて考えます。子供っぽいですが。自分が本村さんの立場なら、犯人はやはり復讐しても飽き足らない相手になります。

その犯人を黒を白とすることも厭わずに弁護する弁護士たち。良心があるなら、どうやって自分の弁護を自分の心で正当化できるのか。あらためて理解できません・・・。

 「心に入ってくる言葉はない」。山口県光市の母子殺害事件差し戻し控訴審の公判終了後、傍聴した遺族の会社員本村洋さん(31)は26日、広島市内で記者会見した。当時少年の被告(26)が改めて犯意を否認、弁護側証人が最高裁の認定事実に疑問を呈したことに「非常に疲れた。じっと歯を食いしばって聞いていた」と述べ、弁護側主張を「砂上の楼閣」と指摘した。

 会見で本村さんは、被告が「(本村さん一家と)4人で仲の良い家族が作れる」と話したとする精神病理学者の証言について、「あきれた。(被告が)本心で言っているなら反省していない証し」と厳しい表情で批判。その上で、被告に対して、「とにかく正直に真実を述べてほしい」と強く求めた。
 最高裁の認定事実を否定した弁護側証人の法医学者に対しては、「信ぴょう性はない」と言い切った。「事件時に司法解剖した方の見識が正しいと思っている。被告も今まで認めてきた。ここに来て(事実が)ひっくり返ることはあり得ない」と話した。
 「自分なりの真実を見つけたい」「(被告が)反省している姿を見たい」。その一心で、本村さんと弥生さんの母の2人は、9月以降の公判で意見陳述するつもりという。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000204-jij-soci
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。