政治・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原都知事、3選直後から引退に向けて


<石原都知事>民間有識者を副知事に 後継者育成念頭に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000015-mai-pol

石原慎太郎氏も3選で、早くも都政に新しい風が。今期で引退ということで、後継者?育成ということでしょうか。意外ですが、副知事の民間からの登用は初めてだったのですね。

 東京都知事選で3選を果たした石原慎太郎知事(74)は11日、毎日新聞のインタビューに答え、民間の有識者を副知事に登用する意向を明らかにした。石原知事は3期限りでの引退を公言しているが、副知事人事では後継者育成を念頭に置いていると述べた。民間からの副知事登用は、都では初めてという。
 石原知事は「民間から、かなり強力な副知事をつくりたい」と語った。「私の代行として私よりはっきり物を言い、国に是々非々を言ってくれる存在感のある民間の識者を考えている」と意中の人物がいることを明かしたが、その具体名と内諾を得ているかについては明言を避けた。

留年通告で女子学生身投げ ただ痛ましい


<高崎経済大>准教授を懲戒免職 ゼミ女子学生の自殺で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000000-mai-soci

なんとも痛ましい事件です。詳細が分からないので何ともいえませんが、「間違ったことはしていない」という准教授のことばを信じたいですね。突然に留年決定、というわけではなさそうですし。自殺するぐらいなら・・・残念です。

 高崎経済大学(群馬県高崎市)は9日、指導方法に問題があり、ゼミ生の経済学部2年の女子学生(当時20歳)を自殺に追い込んだとして、同学部の男性准教授(38)を懲戒免職処分とした。学生の自殺を理由に教員が懲戒免職処分を受けるのは異例という。また、管理責任者の木暮至学長を減給10%(2カ月)、石井伸男経済学部長を同(1カ月)とした。
 大学によると、准教授は昨年6月、ゼミ生に夏季の宿題として高度な課題を課し、女子学生は一部を提出していなかった。准教授は12月、未提出の3人に「提出しなければ留年」などとメールを送信。期限の1月15日夕、未提出の2人のうち女子学生だけに催促のメールを送った。女子学生は「留年すると分かっています。人生もやめます」と返信。同夜、同県みどり市の渡良瀬川に投身自殺した。

石原慎太郎氏、都知事当選で強気の発言復活 やっぱこうでしょ


「反省モード」早くも解ける?=石原氏、強気の発言復活-都知事選
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000015-jij-pol

石原慎太郎氏、都知事当選おめでとうございます。「反省モード」早くも解ける?の見出しが少々気に入りませんが。都民は石原氏を選んだわけで。

豪華海外出張や四男の芸術行政関与などで厳しい批判の矢面に立たされ、「反省」を前面に打ち出して東京都知事選に臨んだ現職の石原慎太郎氏(74)。当選確実が報じられ、報道各社のインタビューに答えた同氏は「根も葉もないバッシングでずいぶんいじめられた」と語り、早くも反省モードが解けたとも受け取れる発言を繰り返した。
 石原氏は、豪華海外出張などへの批判について「(都政運営の)プロセスとして、説明が足りなかった」と反省の弁も口にした。しかし一方で、「(都議会での)議事録を読めば納得してもらえることだ」とも語り、選挙期間中と比べ強気の発言が目立った。
 また、都が進める2016年夏季五輪招致について見直しを求める声があることに触れられると、「(招致によって)財政面で傾くことは絶対にない。何を見直すのか具体的に言ってもらいたい」と、語気を強めて反論する場面もあった。
 さらに、都が独自に導入した認証保育所が国の認可を得られないことを引き合いに「こんな国のばかな硬直した物の考え方は、訴訟してでも変えようと思う」と、石原節をさく裂させていた。 

落選新人が万歳、これはがっかりだよ・・・。選管が票数ミス


選管が票数ミス→NHK速報→落選新人が万歳…京都
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000316-yom-soci

人間誰しもミスはつきものですが、やっちゃいけないミスってのもあると思うんですよね。これはやっちゃいけないミスの部類かな・・・。

 京都府議選の京都市中京区選挙区で、同区選管が確定票を発表する際、得票数を入れ間違え、トップ当選だった自民現職植田喜裕さん(57)を落選、落選した民主新人の田中健志さん(37)を当選とするミスがあった。

 同区選管は約20分後に発表を訂正した。

 市選管などによると、候補者ごとの票数を集計表に転記した時に間違った。この発表に基づいて、NHK京都放送局が一時、誤った速報を放送した。

 事務所で万歳をした田中さんは「喜んだのに」と肩を落とし、植田さんは「目の前が真っ暗になった。奈落の底からよみがえりました。ミスでは済まされない」と、区選管に怒りをぶつけていた。

やっぱり、なんといっても都知事選 投票率も高め


都知事選の投票率、前回上回る17・41%…正午現在
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000004-yom-pol

今日は自分のところも選挙なのですが、なんといっても注目は都知事選です。今回はさすがに皆さん関心が強いようで、投票率も高いようですね。で、自民はどうなるのかなあ・・・。

第16回統一地方選の前半戦である13都道県知事選と4政令市長選、44道府県議選、15政令市議選の投票が、8日午前7時から行われている。

 注目の東京都知事選の投票率は、正午現在17・41%で、前回同時刻を2・30ポイント上回っている。

 投票はいずれも午後8時までには締め切られ、即日開票される。深夜には大勢が判明する見通しだ。

 今回の統一地方選は、昨年9月の安倍政権発足後、初めての全国規模の選挙で、与野党は夏の参院選の前哨戦と位置付けている。

 知事選は東京のほか、北海道、岩手、神奈川、福井、三重、奈良、鳥取、島根、徳島、福岡、佐賀、大分の各都道県。このうち、北海道、岩手、東京、神奈川、福岡の5都道県は、自民、民主両党が推薦や実質的な支援という形の対決構図だ。

通り魔事件 表明しとかないと不安なもの?


<川崎通り魔>家宅捜索の男性会社員方から、血のついた衣服
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000006-mai-soci

目撃者が犯人とはよくあるケースだが、事件を起こしておいて、「犯人は自分じゃないからね」って表明しておかないと、やはり不安なのでしょうか。この目撃者が犯人と決まったわけではないですけれども。

 川崎市宮前区野川の路上で5日夜、近くに住む保険会社事務員の女性(40)が男に刃物で刺され重傷を負った事件で、容疑者不詳の殺人未遂容疑で神奈川県警捜査1課と宮前署が家宅捜索した同市高津区の男性会社員(26)方から、血のついた衣服が押収されていたことが分かった。県警は鑑定を進めるとともに、事件の目撃者として名乗り出たこの男性からさらに事情を聴いている。

 調べでは、男性は県警による任意の事情聴取に「車で現場を通りかかった際、階段を上る女性を男がつけているように見えた。おかしいと思い車から降りると、悲鳴が聞こえた。駆けつけると女性が刃物で刺され、犯人を取り押さえようとしたら刃物が手に当たり、服に血がついたので自宅で着替えてから警察に来た」と説明しているという。
 県警は6日夜に男性方を家宅捜索。血の付いた衣服のほか、男性が現場まで運転した車も押収して詳しく調べている。

オービス二段構え、果たして有効?無駄遣い?


オービス通過後“ねずみ捕り”2段構えで速度違反摘発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000006-yom-soci

オービス二段構えでも、大体飛ばす人ってレーダー探知機付けてますよね?無駄だったりしないのかな。

 速度違反自動取締装置(オービス)を通過した途端に加速するドライバーを、その先にこっそり設けた移動式オービスで捕捉する新しい摘発作戦に、大阪府警が今月から本格的に乗り出した。

 オービスの設置地点はインターネット上で情報が出回り、ドライバーの多くはその地点だけ減速して取り締まりを逃れているのが実情。

 府警は、こうしたドライバーの〈油断〉に着目。3月末現在、全国ワースト1の交通事故死者数(80人)抑制につなげたい考えだが、ドライバーからは「そんな世知辛いことまでするか」とのぼやきも聞こえてくる。

 府警によると、一般的にオービスと呼ばれるのは、道路上の橋梁(きょうりょう)などに固定された「レーダー式オービス」。通過車両に投射し、跳ね返ってきたレーダーの周波数などから速度を計算、併設のカメラで速度超過の車両の写真も撮影する。

「虐待」 子供たちの命に別状なさそうなのが救いです。


娘に点滴針、母らに逮捕状=「虐待」と親族が相談-大阪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000029-jij-soci

親族が通報して両親が行方不明って、かなりぐちゃぐちゃな環境なんでしょうか。子供たちの命に別状なさそうなのが救いです。

 点滴用の注射針を長女(10)の腕に刺したとして、大阪府警阿倍野署は7日までに、傷害容疑で大阪市阿倍野区の母親(39)と、同居の男(45)の逮捕状を取った。2人は所在が分からなくなっており、同署が捜している。二女(7)にも腕に針を刺したような傷があり、姉妹は児童相談所に保護された。
 署員や児童相談所職員が2月、自宅を訪れた際、母親は「おたふく風邪の治療で点滴を打った」と説明したというが、同署は虐待の可能性もあるとみている。
 調べによると、男らは2月上旬、自宅で長女の腕に点滴用注射針を複数回刺し、軽傷を負わせた疑いが持たれている。
 長女の尿からは精神安定剤の成分が検出されたが、点滴に入っていたのか薬品として飲んだかは不明。男も母親も医療資格は持っていないが、男は周囲に「国立大学の医学部を卒業した」と話していたという。
 2月8日、母親の親族が「長女が虐待されている」と同署に相談。姉妹は翌9日に保護された。

お金があまっている!?月光仮面いらいの・・・


甲府市で歩道橋で紙幣ばらまき、同一人物か?4日にも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000414-yom-soci

別に、これだけでは犯罪?というわけではないでしょうが、奇妙ですね。同じく札束ばらまきでは、かつて月光仮面という方もいらっしゃいましたが。

 6日午後3時20分ごろ、甲府市丸の内の県道交差点で、歩道橋の上から男が紙幣をばらまいているのを通行人が見つけ、110番通報した。

 路上に落ちた紙幣はすべて本物の1万円札で、別の通行人が10枚を回収し、甲府署に届け出た。

 調べによると、男は中年とみられ、紙幣を1枚ずつ投げていた。中には、紙飛行機のように折られていたものもあったという。

 同市内では4日夕にも約600メートル離れた歩道橋から1万円札35枚がばらまかれており、同署は同一人物の仕業とみている。

 現場は、いずれも甲府市のメーンストリートで、オフィスビルなどが立ち並ぶ一角。近くの男性会社員は「お金が余っているのだろうか」と首をかしげていた。

ドクター・中松氏、テレビ朝日を告訴 討論番組の件


<ドクター・中松氏>討論番組に出演させないテレビ朝日告訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070405-00000013-mai-soci

ドクター・中松氏、やってくれますね。これはこれで話題づくりにもなりますし、アピール活動としてはありなのでしょうか。

 テレビ朝日が東京都知事選候補の討論番組に自分を出演させず選挙の公正を害したとして、候補者のドクター・中松氏が4日、公職選挙法違反容疑の告訴状を警視庁に提出した。同氏は「事実をゆがめて放送するなど表現の自由を乱用して選挙の公正を害してはならない」と定めた同法に違反すると主張している。
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。