コンピュータ・IT・ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相、この開き直りから本来のカラーを


<安倍首相>「安倍語」に変化 逆質問倍増、官僚言葉は減少
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000001-mai-pol

安倍晋三首相のこうした対応の仕方は、個人的には好みですけどね。首相になったとたん、やはりそれまでどおりの主張も出来ず、安倍氏の全てが中途半端になってしまった印象がありました。どうせ、何やったって文句はいわれますしね。

 安倍晋三首相が発する言葉が変わってきた。記者団を問い詰めるような「逆質問」が増えたのがその一例。内閣支持率の続落で、首相は「どうせ落ちるなら、やりたいことをやる」(首相周辺)という心境になっていると言われ、「安倍語」の変化も、そんな開き直りの姿勢と関係しているようだ。
 記者 公務員制度改革は必要なのか。
 首相 必要じゃないと思ってます?
 記者 そんなことないと思う。
 首相 そうでしょうね。多くの人がそう思っているからやるんです。
 記者 国民にとってどんなメリットがあるか。
 首相 公務員制度改革をですね、やるべきというのは国民の声だと思いますよ。あなたもそう思いませんか?
 記者 はい。
 首相 だったら質問しないでください。

松岡農相の高い水。領収書があるなら出してください。


<光熱水費>松岡農相、内訳「領収書ある」


松岡農相の愛用水?の領収書があるそうで。さっさと出してくれれば話は進むが。しかし、子供の言い訳レベル。こんなに往生際が悪い男だとは思わなかった。次の言い訳はどうすんだろ?

 松岡農相は16日の閣議後会見で、光熱水費の内訳を証明するための領収書を持っていることを明らかにした。ただ、現時点での内容説明については「法律で定められた以上のことをするのは判断がつきかねる」と改めて否定。同農相は領収書の有無について、「法律に定められている必要な領収書はあると聞いている」と話した。

つうか、あるならさっさと持って来いと。

民主、また自爆。1000万超の光熱水費。


10議員が光熱水費百万超、中井氏は架空1070万
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000207-yom-pol

民主党、また自爆か。毎度ながらコントのようです。ただ、納税者としては笑ってられない事態が、そこにあるわけで。

 元法相の中井洽(ひろし)衆院議員(民主)が光熱水費などがかからない議員会館に資金管理団体の主たる事務所を置きながら、政治資金収支報告書には2005年までの3年間に計約1070万円を「光熱水費」として計上していたことが分かった。

 中井氏側は取材に対し、全額が慶弔費やガソリン代など別の支出を計上していたことを認め、収支報告書を近く訂正するとしている。

 読売新聞が、資金管理団体の主たる事務所を05年に議員会館に置く衆参両院議員167人について、03~05年の収支報告書を調べたところ、光熱水費を計上していたのは58人。1度でも年間100万円を超えたのは衆院8人、参院2人で、自民党8人、民主党1人、国民新党1人だった。合計額では松岡農相が計約1440万円と最多で、中井氏が2番目だった。

水、じっさい飲めないでしょ?都内って。


<農水省>松岡発言「水道水飲む人いない」に苦情7件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000004-mai-pol

都内ではどうなんだろ?地方では普通に飲めると思うが。
水がまずいって意味がわかんなかったけど、上京して初めて水道水飲んだとき、実際吐いたもんな。JRの自販機で売ってた「岩清水」の意味がそのとき、始めてわかった。

 松岡利勝農相が9日午前の閣議後会見で、議員会館事務所の「光熱水費」をめぐり「今、水道水を飲んでいる人はほとんどいない」と発言したことに対し、農水省報道室に同日、国民からの苦情電話が7本あった。「水道水を飲んでいる人もいるのに」「浄水器を買えということか」などの内容だったという。

安倍首相、小泉さんにあらためて弟子入りしたら?


「身びいき」に広がる安倍首相批判=中川氏との不仲説も-衛藤氏の自民復党
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000189-jij-pol

只でさえ、安倍さん若いから周りとはやりづらいだろうに。
この上、さらに世論をわざわざマイナスにするようなことしなくても・・・。

 安倍晋三首相が郵政造反組の衛藤晟一前衆院議員の自民復党を容認したことで、「身内」の復党を優先させた首相への批判が党内外に広がっている。落選組の復党に慎重だった中川秀直幹事長は方針転換で苦しい釈明に終始。首相との「不仲説」も取りざたされている。
 「衛藤さん、何とかなりませんか」。首相は26日夜、笹川堯党紀委員長に電話し、党紀委での迅速な審査を求めた。衛藤氏は27日、復党願を提出し、党紀委の開催が決まった。首相の要請はこれを見越した「根回し」であるのは明らかで、党内では「首相の独走」(閣僚経験者)との反発の声が上がった。

パフォーマンスといわれても、やっぱり小泉前首相は上手かったよなあ。

自民党 中川幹事長容認 衛藤氏復党へ


<郵政造反組>衛藤氏復党、党内手続きに入る 自民党
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070225-00000021-mai-pol

 自民党は25日、安倍晋三首相が郵政造反落選組の衛藤晟一前衆院議員の復党を容認したことを受け、復党の党内手続きに入り、28日の選対小委で参院比例代表公認内定を目指すことを決めた。

中川秀直幹事長は兵庫県宝塚市の講演で「首相と同じ考え方、方向性を持つ人の力を結集していかなければならない」と述べた。

雨降って地、かたまればいいが。

とにかく目先の選挙で勝たなくちゃ、意味ないからねえ。
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。