ニュースで政治・経済からアイドル・スポーツ・ITまで。管理人のつぶやき、ぼやきです^^

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ちゃんねるへのサイバー攻撃 日本側が勝利宣言


2ちゃんねるへのサイバー攻撃って、いわゆるF5攻撃もしくは田代砲みたいなものだったようです。
古かったらすみません。2ちゃん離れて長いもので・・・。
大量のアクセス集中で負担をかけてサーバーを落とす、というやつですね。
これに日本側が勝利宣言、とは面白いじゃないですか。

韓国で行われたフィギュアスケートの試合で日本の浅田真央選手が優勝したことを皮切りに、巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」に対して韓国から組織的・断続的に攻撃が続いていますが、この攻撃に対して「2ちゃんねる」にサーバーをレンタルしている会社が勝利宣言を行いました。

攻撃している側にとっては火に油を注ぎそうな宣言ですが、はたしてどういう内容なのでしょうか。

事件はGPファイナルの浅田真央優勝後に起こりました。

「2ちゃんねる」にサーバーをレンタルしているBIG-server.com社のリリースによると、2008年12月15日の夜から2ちゃんねるのサーバーに対して、断続的な攻撃が続いているそうです。

2ちゃんねるのサーバー管理者の発表によると、この攻撃は2ちゃんねるのサーバーに対して極めて高頻度のアクセスを行うというもの(DDoS攻撃)で、韓国のIPアドレスによって行われているとのこと。

そして攻撃により接続しづらい状態となったものの、2ちゃんねるのサーバーは一度もダウンせず稼働を続けているとした上で、BIG-server.com社はIT先進国である韓国からの組織的な攻撃に耐えたことで、自社のサーバーが世界最強であると証明されたとしています。続きを読む

浅田真央 貶めることはないだろう「とくダネ!」


グランプリ(GP)ファイナルで浅田真央の優勝後、韓国から「2ちゃんねる」へのサイバー攻撃があっただとか、「浅田真央の屈辱写真」一連の悪意ある報道がなされたとか、うんざりしていたんですが。
日本でもわざわざキム・ヨナの方が上だったというような報道をなしていた輩がいたんですね・・・。

先日、韓国で開催されたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの結果を受けて過熱した「浅田真央vs.キム・ヨナ」をめぐる報道とネットでの日韓批判合戦。韓国メディアからは優勝した浅田選手に対する「悪意ある」報道がされたほか、日本でもフジテレビ系「とくダネ!」が、視聴者に「浅田選手よりもキム選手のほうが実力が上」と感じさせる報道をしたことで、大きな反発を招いている。

そうした中、12月18日に放送された「とくダネ!」で、15日に放送した特集「浅田真央逆転Vも… キム・ヨナ“実力”に差」の内容に関する訂正と謝罪が行われた。

まず、田中大貴アナが「(15日の放送では)浅田真央選手とキム・ヨナ選手の演技の得点比較をしました。番組側が行った分析では、2人がともに予定していたジャンプをすべて成功していた場合、キム・ヨナ選手が得点で上回っていた、とお伝えしました」と特集の内容を説明。続きを読む

築地市場の外国人観光客 電撃ネットワークも怒り


電撃ネットワークのギュウゾウもついにブログで発言。
築地市場の外国人観光客の無法ぶりについてです。テレビで私も見ましたが、走行中のリフトに飛び乗ったり、魚に触りまくったり、舐めてるやつまでいたのには驚きました。

外国人観光客らに人気のある東京都中央卸売市場(築地市場、中央区)のマグロ競り場の見学が2008年12月15日から09年1月17日まで中止されている。人体実験パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のメンバー、ギュウゾウは、08年12月16日のブログで「見学を中止にするのは当然」などと綴っている。

買いもしない魚を触るし、マグロにキスしてるやつもいて、外国人観光客は「なめた態度」だったという。「ああいう馬鹿外人の姿はビデオに撮ってどんどんインターネットで公開したら良い」「もしくは留置所に入れるかだな」「彼らの悪行は損害賠償請求を出来るレベルにある」などと批判は続く。続きを読む

大島由香里 顔すごいけど・・・


ブログで病気を告白したフジテレビの人気女子アナ、大島由香里の容態が気になります。
顔がむくんでいるのは薬のせいかもしれませんが、ほっぺが腫れているということで、おたふくとか腎臓病とか、様々憶測されているようですが・・・。

テレビ各局で人気が伯仲する女子アナウンサーだが、その中でも抜きん出ているのがフジテレビ。先日発表されたオリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」では、高島彩アナが調査開始以来5回連続で1位となって“殿堂入り”したほか、中野美奈子アナが3位、滝川クリステルアナ(フォニックス所属)が5位、平井理央が10位とトップ10に4人がランクインし、その人気を証明した。

そんなフジテレビの次世代を担う存在として期待されている大島由香里アナが、自身の公式ブログで体調不良のため数日間、番組を欠席することを明らかにした。「顔がパンパン」にむくんでいるため、ネットでは「腎臓病ではないか」と重病を懸念する声や体調を気づかう声が寄せられている。続きを読む

篤姫の視聴率が気になって・・・


NHK大河ドラマ「篤姫」がとうとう最終回を終えてしまいました。宮崎あおいはじめ俳優良し、田渕久美子の脚本も良しと、大河ドラマを毎週楽しみに見たのは久々です。
気になる「篤姫」視聴率なんですが、平均で24.5%。これって歴代では

14日夜に放送されたNHK大河ドラマ「篤姫」(宮崎あおい主演、全50回)の最終回の平均視聴率が28.7%(関東地区、以下同)をマークしたことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。自己最高の29.2%(第48回)には惜しくも届かなかったが、初回から最終回まで一度も20%台を割ることなく、“篤姫現象”を巻き起こした。その人気の秘密を探ると-。

 「篤姫」の初回から最終回までの期間平均視聴率は24.5%。同じく“女性大河”といわれた平成18年の「功名が辻」(仲間由紀恵主演、同20.9%)を大きく上回り、8年の「秀吉」(竹中直人主演、同30.5%)以来の高さとなった。続きを読む

Perfume絶賛!せっかくなので海外進出とか


Perfumeの動画が世界中で絶賛されているとか。今は YouTubeがありますから、言葉が通じなくても一目瞭然ですからね。YouTubeで検索すると、ヴィジュアル系バンドの動画への海外からのコメントってすごいですよ。
パヒュームが海外でもウケるってのは分かる気がします。

広島のローカルアイドルから、日本を代表するテクノポップユニットに成長したPerfume。特に昨年から今年にかけての人気上昇はすさまじく、シングルやアルバムの大ヒットはもちろん、冠番組「Perfumeの気になる子ちゃん」(日本テレビ系)がスタートしたほか、NHK「紅白歌合戦」への出場も決定している。

こうして日本を席巻しているPerfumeだが、プロモーションビデオ(PV)が「YouTube」などの動画投稿サイトに公開されていることから、海外からも熱い視線を注がれている。そんな動画サイトに寄せられた海外からのコメントを、翻訳してまとめた動画がネットで人気を呼んでいる。

Perfume First Tour 『GAME』続きを読む

柴咲コウの新恋人 TAKUYA∞に逮捕歴


柴咲コウの新恋人ということで、UVERworldとかTAKUYA∞とかはじめて知った人も多いのではないでしょうか。
妻夫木聡がわりと好感度の高いクリーンなイメージの俳優だっただけに、ギャップ感じますね。

TAKUYA∞(タクヤ)は女性関係も派手な上に、逮捕歴もあるとか・・・。

人気バンドUVERworldのボーカル、TAKUYA∞との手つなぎデートや3連泊を女性週刊誌に報じられた女優の柴咲コウ。これと同時に、かねてから交際が噂され、結婚秒読みとまでいわれていた妻夫木聡との破局も伝えられている。同誌は、六本木ヒルズのクリスマスイルミネーションの下で仲むつまじく手をつなぐ2人の様子などとともに、「いいお付き合いをしているとの報告を受けています」とする関係者の言葉を紹介した。

ところが、新恋人TAKUYA∞に良からぬ噂が上がっており、柴咲コウの周囲が2人の交際を懸念していると、東京スポーツが報じている。同紙によると、TAKUYA∞は逮捕歴があるほか音楽業界では遊び人で有名だという。

続きを読む

安藤美姫 不振の原因はコーチとの熱愛?


安藤美姫の成績不振って、残念ながらピークを越えてしまったのか・・・、と思っていたのですが。
まさかコーチとの恋愛とは思いませんでしたね。
もちろんフィギュア選手といえど恋愛は自由なんですが、安藤美姫の今まで積み上げてきたキャリアを考えると、このままではもったいない気が。

選手は ‘原石’だ。 これを ‘宝石’にするのはコーチだ。 小学校時期、金妍兒(キム・ヨナ)を教えたシン・ヘスク・コーチは「フィギュアスケートで選手とコーチの間の呼吸は絶対的なものだ。 2人の呼吸がどれほどよく合うかが大会の成績を決定する」と話す。 コーチが加えた‘熱’と‘圧力’を選手がどのように消化するかによって、結果物はダイヤモンドになるし黒鉛にもなるという話だ。

◆安藤-モロゾフ=フィギュアファンは「あの素晴らしい選手がどうしてこれほど落ちたのか」と、今シーズンの安藤美姫(日本)の不振に疑問を抱いた。 その答えは安藤を教えるニコライ・モロゾフ・コーチにあった。 安藤とモロゾフは特別な関係だ。 久しぶりにモロゾフ・コーチに会うと、安藤は走って行って迎える。

日本取材陣は「2人の愛情が良い選手を一人失わせた。 安藤は挑戦するスタイルだが、モロゾフは冒険しないスタイル。 それで安藤が高難度技術に挑戦するのを防ぐ」と惜しんだ。 取材陣は「モロゾフは自分の気分しだいで行動する子どものようだ」と付け加えた。 

安藤美姫が4回転ジャンプ、飛ぶ飛ぶって絶対飛ばないのは、モロゾフコーチのせい・・・?続きを読む

流星の絆 話題性だけの視聴率?


流星の絆といえば人気作家の東野圭吾が原作、ドラマヒットメーカーの宮藤官九郎が脚本ということで話題性たっぷりでした。
挿入曲を歌っている中島美嘉が出演もしていますし、私はけっこう面白く視ているんですが。
視聴率もいいみたいですしね。

ただ、話題性が視聴率を引っ張っているように見えるのだが。
・・・という意見もあるようです。

二宮和也演じる長男・功一が主役のわりには影の薄くキャラクターが不明。二宮もどう演じていいのかわかっていないようだ。娘ざかりの戸田恵梨香はかわいいとして、もう一人の兄役の錦戸亮も演技に精彩が無い。童顔のせいか三人ともチマチマっとして、兄弟というより同級生みたいに見える。肝心の“絆”らしさがどこにも見当たらない。

ドラマ放送前、CMでさかんに流されたデビッド・ボウイの『Space Oddity』を聞いて、映画『ベルベット・ゴールドマイン』のような哲学的で“ホモ的”なストーリーを期待した人も、映画『ピンポン』や『池袋ウエストゲートパーク』のようなハジけた“クドカン節”を期待した人達も中途半端な『流星の絆』に満足できたであろうか。このドラマ、サスペンスとしても、恋愛モノとしてもコメディーとしてもまともに成立していない。宮藤官九郎が脚本を手がける作品には“アタリとハズレ”があるとよく言われるが、それは単に視聴率を差すのではなく、ドラマの面白さについてのアタリハズレで、今回は間違いなく“ハズレ”だ。

べつにハズレとまでは。手厳しいですね・・・。続きを読む

「4℃」のリング ランキングトップに


ティファニーの女性に絶大な人気は相変わらず。カルティエやブルガリももちろん、やっぱりプレゼントの定番ですね。

ここで今「4℃」というブランドが人気です。聞きなれないブランドですが、ヨンドシーと読み、日本発のブランドだとのこと。クリスマスに向けて、要チェックです。

クリスマスプレゼントで欲しい「指輪」の3大ブランドといえば、「ティファニー」「カルティエ」「ブルガリ」だが、日本のブランド「4℃(ヨンドシー)」の人気が上がっている。ネットの欲しい指輪ランキングで「シャネル」を抜き、4位にランクされたのだ。中心は3~5万円という手頃な価格が人気で、20歳代を中心にうけている。「4℃」とはどんなブランドなのか。

ポータルサイト「goo」が行った「クリスマスプレゼントで欲しい指輪のブランドランキング」で、1位「ティファニー」、2位「カルティエ」、3位「ブルガリ」と、海外の老舗ジュエリーブランドが上位を占めた。そんな中、日本の「4℃(ヨンドシー)」が仏高級ブランド「シャネル」を抜いて4位にランクインし、健闘している。2008年10月21日~24日に集計し、12月9日に発表した。続きを読む
Copyright © ニュースのつぼやき。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。